ニュース
» 2019年02月27日 20時00分 公開

Twitterが新規約で妄想禁止に? ネットで波紋 Twitter「ポリシーの変更はしていない」

Twitterで禁じられる行為に「児童の性的搾取について妄想したり、そうした行為を助長する」が記載され波紋が。

[ねとらぼ]

 Twitterの“新規約”で「妄想が禁止された」と拡散し、ユーザーの間で波紋を呼んでいます。Twitterに問い合わせたところ、規約に内容に変更はないとの回答でした。

児童の性的搾取に関するポリシー 該当の条項

 波紋を呼んでいるのはヘルプセンターに掲載されている「児童の性的搾取に関するポリシー」。Twitterで禁じられている行為として「児童の性的搾取について妄想したり、そうした行為を助長する」が挙げられており、「妄想も禁止されるのか」と困惑する声があがっていました。

 編集部ではポリシーが現在の内容に更新されたのはいつか、(変更前と比べて)どのように変更されたかをTwitterに問い合わせました。同社は「個別の質問には答えられない」としつつ、「本ポリシーや適用範囲の変更は一切行っていません」と回答。ただし、2018年に(日本語、英語とも)「文言の表現をTwitter利用者によりわかりやすくするため、若干修正しました」としています。

英語版。Twitterでの禁止事項として「Fantasizing about or promoting engagement in child sexual exploitation」(児童の性的な搾取への関与について空想すること、あるいは促進すること)と記載されている

 当該のルールは以前からあったもので、表現が変わったのみとのこと。とはいえ、最近知った多くの人が戸惑いを見せており、乗り換え先としてpawoo(pixivが運営するマストドンインスタンス)が注目されたり、個人サイトへの回帰が話題になったりと、波紋は収まらないようです。

Twitterの回答

 Twitterは児童の性的搾取に関してゼロ・トラレンス・ポリシーにて情報を公開しています。そのポリシーのもと、児童の性的搾取を断固として取り締まるように規定、執行しています。基本的原則のTwitterルールには、 児童の性的搾取に該当するコンテンツやこれを助長する行為を一切禁止しています。これにはメディア、テキスト、イラスト、コンピューターで作成した画像が含まれます。

 今回の背景の説明としては、児童の性的搾取に関する本ポリシーや適用範囲の変更は一切行っていません。ただし昨年、Twitterヘルプセンター内の児童の性的搾取に関する文言の表現をTwitter利用者によりわかりやすくするため、若干修正しました。今後も必要に応じて、時勢などの状況変更をともないTwitterヘルプセンター内の文言の修正を行い、利用者に理解を求めていくつもりです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.