コラム
» 2019年02月28日 20時20分 公開

炭酸水メーカー「ソーダストリーム」と、ていねいに暮らしたい

憧れていた“ていねいな暮らし”に一歩一歩。

[かしわ,ねとらぼ]

 朝食もろくに取れず、なんとか間に合ったラッシュの満員電車のなかでああもっと、丁寧に暮らしたいと思う。忙しければそれだけ豊かな暮らしから遠のいて、だからこそこんなんじゃなくて、もっと……インスタで見る暮らしニスタたちのような、穏やかで、ゆとりのある、そして上質な、そう「ていねいな暮らし」がしたいと切望する。

 そんなことを思っていたのは都内で働いていた去年のことで、今は地方に越してきて来年度までの1年限りで専業主婦をしている。目指しているのは、夢に見た憧れの「ていねいな暮らし」。茶葉で紅茶を淹れてみたり、ギョーザを初めて皮から作ってみたり、観葉植物を育て始めてみたり。

 生活が楽しくなるような、気分よく使えるような、自分の生活を愛せるようなアイテムを、少しずつ生活に取り入れている。2018年に我が家にやってきたのが、炭酸水メーカー「SodaStream(ソーダストリーム)」だ。

ソーダストリームと暮らし

ビール、炭酸水ペットボトル、ソーダストリーム

 私はビールが好きだ。できれば毎晩飲みたいと思う。けれど休肝日も必要。そんな時にこそ活躍するのが炭酸水。ビールはのどごしだ。炭酸水ものどごしだ。炭酸水はビールに求めているものをそこそこに満たしてくれる。

 ビールが一番だけど、炭酸水だってその爽快感はなかなかのもの。お茶や水じゃつまらないな、と思う食事時に、炭酸水があれば料理がぐっとおいしく感じられる。しかもカロリーゼロ、プリン体ももちろんゼロ。ビバ! である。そういうわけで週の半分くらいは夕食時に炭酸水を飲んでいる。

 はじめはせっせとAmazonで安い炭酸水ペットボトルを箱買いしていたのだけど、いかんせんボトルのゴミが増える。両手にペットボトルのゴミ袋を下げながら、どうにかならないだろうか……と思っていたところに見つけたのがソーダストリームだった。

 構造はとてもシンプル。本体にガスシリンダーを設置して、水を入れた専用ボトルをセットしボタンを押すだけ(電池や電源コードも必要ない)。手動で押した分だけ炭酸が注入される。本体とガスシリンダー、専用ボトルがセットでAmazonだと一万円前後で買える。ガスシリンダーはなくなれば近くの家電量販店で交換する仕組み。1本2160円のガスシリンダーで、およそ60リットル(500ミリペットボトル換算で120本分)の炭酸水ができる、とうたわれている。

ソーダストリームと暮らし
ソーダストリームと暮らし

 1回に注入する炭酸の度合いによって消費ペースは違いそうだが、私の体感では1日1リットルのボトルを消費するペースで2カ月もっているという感じなので、ちょうど説明の通りに消費していることになる。ペットボトルを買っていたころよりもお得だし、何よりゴミが出ない。大量のペットボトルを保存する場所もいらない。むしろお得かどうかを今ではあまり気にしないくらい、スマートでクリーンだという点で私はこちらを選ぶ。

ソーダストリームと暮らし あっという間に我が家の暮らしの“常連”になったソーダストリーム
ソーダストリームと暮らし
ソーダストリームと暮らし

 そのまま飲む以外にも、ハイボールやチューハイを楽しんだり、シロップで割ってジュースにしたり、楽しみ方はたくさんある。

 またソーダストリームは置いてあるとちょっといい感じの家電でもある。まだお客さんに「これ何?」と言われたことはないけれど、聞かれればいつだって「ああコレね、コレ実は炭酸水をね……」なんてソーダストリームのロゴをなぞりながらカッコつけて言う準備はできている。ちょっと試しに炭酸水、作ってみる? なんて。

ていねいな暮らしとは

 書いていてなんだかただのソーダストリームのまわし者のように思えてきた。炭酸水メーカーを使っていることがはたして「ていねいな暮らし」をしていることだと言えるだろうか……。

 けれどソーダストリームがわが家にやってきてから、いい時間を過ごしているな、と思い返すことはいくつもある。普段はダイニングテーブルで食事をするけれど週末はテレビの前のローテーブルにビールやらおつまみやらを並べて夫と二人で映画や録画していたお気に入りの番組をだらだらと観る。ビールが二缶ほど空くと、夫が「ハイボール飲む?」と言って井川遥よろしくとびきりの、ハイボールを作ってくれる。もちろん、ソーダストリームを使って。

 これはおそらく普遍的なことだけれど、人に作ってもらったご飯はおいしい。そして、やっぱり人に作ってもらったお酒も、こんなにおいしいのだ。あるいはお客さんがやってきた時。お酒のあまり得意でない人も、ジュースじゃ味気ない。ちょっと自分も飲みすぎたかな、という時だってじゃあ炭酸水作るね、と立ちあがってキンキンに冷えた炭酸水を出す。なんとなく、そうなんとなくだけれど確実に「今、いいな」と思える時間がそこにはある。

 他方、「ていねいな暮らし」はともすると、揶揄(やゆ)の意味合いをもって響く言葉でもある。時間があるからできることでしょ? 働いていたらそのちょっとの手間が面倒なんだし、やっぱりできないよ。そんな誰かの声も頭の中で聞こえてくる。

 けれど、私が、いやわれわれが掲げた「ていねいな暮らし」とは、きっと生活を愛することだ。忙しくても怠惰でも、けれども連綿と続く私のこの生活を、私のやりたいように、私に居心地のいいように楽しんで、愛していきたいと思うこと、思ってならばやりたいことをやってみること。それぞれの、生活を少しだけいい感じにしてゆくこと。忘れてはならないのは、それが「私の生活」であるということだ。私が快適に、私が心地よく暮らしを選んでゆくこと、そして作ってゆくことは誰にも否定されることなく、すべて正解なのだ。そこに間違いなど、ないのである。

 せっかく選ぶなら、惰性や妥協ではなく、ちょっと考えて好きなものを選びたい。

 せっかくなら、私は生活を、いや私の生活を愛したい。

 愛すべき私の生活に、ソーダストリームは今や欠かせない。ラブユーソーダストリーム。

ソーダストリームと暮らし

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい