ニュース
» 2019年02月28日 10時47分 公開

日本漫画家協会、ダウンロード違法化の対象拡大に改善を提言

「表現や研究などの萎縮はもとより、人権の制約につながることが決してないように」と十分な審議を求めています。

[ねとらぼ]

 日本漫画家協会は、ダウンロード違法化の対象を映像・音楽以外にも拡大する政府方針について、改善を提言する声明を発表しました

日本漫画家協会の声明

 法改正の主旨はあくまでも「脱法サイト」対策と理解しているとして、民事的規制と刑事罰いずれについても下記を提案。

  • くり返し複製する「反復」行為を対象とすること(刑事罰のみ)
  • 原作マンガ等を原作のまま、まるごと複製する行為を対象とすること
  • 権利者の利益が不当に害される場合に限定すること

 「表現や研究などの萎縮はもとより、人権の制約につながることが決してないように」と十分な審議を求めています。

同協会は2018年2月に海賊版サイトについて「日本の文化が滅びてしまう」と見解を発表していました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.