ニュース
» 2019年03月02日 20時00分 公開

この上なくヤバいサイコパスがいる 未知のホラー漫画『いじめるヤバイ奴』が大きな声ではオススメしにくい理由(1/2 ページ)

自縄自縛に陥った“いじめっ子”の縄を持つ“いじめられっ子”。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「これは面白い」と思った作品には声を大にして皆に勧めたくなる作品と、「こいつヤベえ」と思われる危険があるため気心の知れた友だちにだけ教えたくなる作品がありますが、「マガポケ」で連載中の漫画『いじめるヤバイ奴』(マガジンポケット/著・中村なん)はその後者。以下、序盤のネタバレを含みますが、それでも作品の核のヤバさは変わらないのでご安心ください。


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 このヒドい“いじめ”行為の裏には……?

 いじめっ子のリーダー・仲島に従う形で行われる、女の子・白咲さんへのクラス全員での集団いじめ。それは狂気を感じるほどのむごい内容で、おまけに担任教師まで手なずけられており、だれか1人が正義感を出したところで無意味な抵抗に終わってしまう――これが第1話の中盤までの話。ですが、最後の10ページでそれまで見てきたものに想像し得ない裏があったことが明かされます。


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 クラスを恐怖で仕切っていじめに加担させる、いじめっ子のリーダー・仲島

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 儚げな白咲さんを徹底的にいじめます

 散々いたぶられ、辛そうな涙を浮かべていた白咲さん。儚げで優しそうな彼女がなぜいじめの対象になったのか。それは、彼女自身が“いじめられること”を望んでいたからで、表向きはリーダーとして振る舞う仲島に対して、裏では「お前は死ぬまで私のいじめっ子」だとアイスピックを持って迫り、脅迫した上で命令するのが彼女の本当の姿なのでした。

 読み進めていくごとにわかってくるのは、白咲さんがこの上なくヤバいサイコパスの類だということ。仲島をアイスピックで刺すのはもちろん、歩道橋から躊躇(ちゅうちょ)なく落としたり、普通ヒトが恐れることを感情の伴わない表情で遂行する姿はホラーでしかありません。


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 学校であれだけツラそうに泣いていた白咲さんが……

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 裏では仲島にアイスピックを突き刺します

 『いじめるヤバイ奴』は、楽しくて平和な高校生活を送りたかった仲島が、白咲さんに脅迫されて「いじめの加害者」になるという恐怖を味わう悲劇の物語。そして、仲島が助かるためには、白咲さんが満足する“いじめ”を成功させなくてはならず、主人公によるヒロインへのヒドい加虐シーンが上手くいくとホッするという、通常ではあり得ない構造の世界観が誕生しています。ここがこの作品の一番の魅力であり一番のヤバいところかもしれない……。


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 白咲さんのヤバいサイコパス感……!

 作者の中村なんさんも、同作の連載を始めてから「過激で狂った設定に周りから『お前頭おかしくなった?』と問われるようになり友人が減りました」とコメントしているように、非常に勧めにくい内容ではありますが、同時に未知の面白さがあるのは確か。2月に発売されたコミックス第1巻のラストでは、「もっとヤバい展開になりそう」と期待(?)させる爽やかイケメンも登場し、マガポケで公開中の最新話ではサイコホラーを超えた先のシュールギャグのような展開にもなっており、とがった漫画を求めている人は一度読んでみるとハマるかもしれません。

 なお、ハマったことにより、あたらしい嗜好を植え付けられてしまったとしても責任はとれませんので悪しからず……。


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気 しかも、ただのいじめではない……!


『いじめるヤバイ奴』第1話 出張掲載


いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気

いじめるヤバイ奴 漫画 中村なん マガポケ サイコパス ホラー 狂気

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる