ニュース
» 2019年03月01日 07時30分 公開

洗濯物を干している間に子どもがカギを ベランダに締め出された実録漫画 「自分もやられた」「幼い頃やった」共感の声

育児あるある案件。

[林美由紀,ねとらぼ]

 ベランダで洗濯物を干している時に「カチャッ」という音と共に鍵が閉まり締め出されてしまう……。まだ子どもとの意思疎通がうまくできない時に起こりがちな“締め出され案件”を描いた実録漫画に、Twitterでうなずく親が続出しています。


締め出され案件05 閉めた? 閉めたね!?

 イラストレーターのタキノユキ(@yukichanarms)さんはその日のお昼頃、洗濯物を干していました。すると「カチャン」という音が。どうやら娘さんがベランダに出る窓ガラスの鍵をしめてしまったもよう。焦ったタキノさんはジェスチャーを交えながら、鍵に注目させようとします。

 娘さんも鍵を触ろうとしますが、つま先立ちをしても届かないようです。もはや中にはいる術はありません。その時、お隣さんから物音が。「すみませーん!!」と恐る恐る声をかけてみると、「はい?」とベランダの仕切りからお隣さんが顔を出します。救世主現る!

 


締め出され案件01 洗濯物を干している時に締め出される。意外とあるある。


締め出され案件02 お隣さんから物音が! いる…?

 事情を説明すると管理人さんに連絡をしてくれましたが、どうやらマスターキーのようなものも無いそうで、すぐにはどうにもなりません。電話を借りて実家に電話をし、そこから旦那さんにも連絡を取ってもらい、お父さんが来てくれることに。

 助けが来るまでベランダで座っていると、ありがたいことにお隣さんがコーヒーやお茶、ブラウニーなどを差し入れしてくれました。1時間ほど待つと実家からお父さんが到着、ようやく密室から開放されます。タキノさんは今回はお隣さんがいてラッキーだったものの、今度からはベランダに出るときも鍵とスマホを持ち、窓は複数開けておこうと思ったと結んでいます。

 


締め出され案件03 お隣さんがいてよかった


締め出され案件04 お隣さんファインプレー!

 このエッセイ漫画はTwitterで1万回以上リツイートされるなど反響を呼びました。「全く同じことをされた」「うちもやられた事あるので分かります」と大変さに共感する人もいる一方で、「自分が子どもの頃にやってしまった」「幼い頃全く同じことを何度もやらかしたそうで」と過去に犯行に及んだことを告白する声も。ベランダ締め出し事案、かなりの育児あるあるのようです。

 締め出された側も大変ですが、密室の中に子どもが一人だと思うと、室内の安全も心配になりますよね。ベランダに出るときはスマホや鍵を持って出る以外にも、ふとん用の洗濯ばさみを窓の上部に挟む、鍵が複数あるなら全て開けておく、網戸にしておくなどの対策が有効だとアドバイスも集まっています。

 作者は、タキノユキ(@yukichanarms)さん。玩具デザイナー、手芸キットデザイナーを経て、現在、イラストレーター、デザイナーとして活動中、作品はタキノさんの公式サイトで見ることができます。

画像提供:タキノユキ(@yukichanarms)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」