ニュース
» 2019年03月01日 04時00分 公開

16.7メートルの津波。もし渋谷に来ていたら―― 2017年に話題を呼んだ防災広告が渋谷に出現

掲出期間は3月14日まで。

[ねとらぼ]

 ヤフーは16.7メートルの津波の高さを知ることができる巨大広告を渋谷のMAGNET by SHIBUYA109に掲出しました。掲出期間は3月14日まで。


防災

 2011年に発生した東日本大震災では、巨大な地震が太平洋側沿岸を襲い、甚大な被害をもたらしました。気象庁が発表した中で最大の津波は岩手県大船渡市の16.7メートル。この広告では、赤字で書かれた「ちょうどこの高さ」がその津波の高さにあたります。ヤフーは、2017年にも銀座のソニービルへ同様の広告を掲出し、「数字で知るより何倍もの情報がある」と反響を集めていました(関連記事)。


防災 渋谷に掲出された広告


防災 2017年にも話題に

 今回は、本木雅弘さんと乃木坂46の齋藤飛鳥さんがヤフーがWeb上で行う「第2回全国統一防災模試」への参加を呼びかける広告も渋谷Q FRONTビル両サイドに掲出されます。この試験は、東北大学災害科学国際研究所・佐藤翔輔さんが監修を行い、平成に発生した災害に関連した設問が出題される内容となっています。


防災防災

渋谷に掲出された防災広告

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.