ニュース
» 2019年03月01日 20時06分 公開

Twitterが「リプライを隠せる機能」開発中

会話を健全にするための機能とのこと。

[ねとらぼ]

 Twitterが、ツイートに寄せられたリプライを隠せる機能を開発しています。

 ユーザーがアプリのコードからこの機能を発見し、スクリーンショットをTwitterに投稿したことで明らかに。この機能は、自分のツイートへのリプライを選択して「@xxxx(アカウント名)のツイートを隠す」を選ぶとリプライを隠せるというもので、他のユーザーはメニューから「隠された@xxxx(アカウント名)のツイートを表示する」を選んで隠されたリプライを表示できます。

 Twitterのプロジェクトマネジャー、Michelle Yasmeen Haqさんは、この投稿を受けて、リプライを隠す機能を開発していることを認め、ユーザーからの「会話を保護したい」という要望を受けての機能だと背景を説明。ユーザーがある程度管理できるようにすることで会話をできるだけ健全にすることが狙いとしています。


 ブロックとミュートではブロックした人のユーザー体験しか変わらず、通報ではルール違反にしか対応できません。リプライを隠す機能はこれらで対処できない問題を解決するものとHaqさんは見ています。

 他のユーザーは隠されたリプライを見られるので、ツイート主が反対意見を隠していることに気づけるため、バランスを取ることができるとHaqさん。数カ月以内にテストを開始する予定だとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.