ニュース
» 2019年03月03日 19時30分 公開

“1つの身体に宿った双子”の苦しみを救う物語 漫画「消えた双子」に引き込まれる

恐ろしく悲しく、不思議でせつない物語。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 双子の妊娠時には、生まれる前に1人が母体の中で亡くなり、消えてしまうことがあります。この「バニシングツイン」と呼ばれる現象がテーマの漫画「消えた双子」が、巧みな構成で読者を引き込み魅了しています。


アイキャッチ 双子のアランとアンが、ある双子の兄弟を救う、恐ろしくも悲しい物語

 双子のアランとアンは、ビデオカメラを手に街の不思議を調査中。「怪物のように暴れ回る3つ目の男」が住むと聞いて、古びた屋敷を訪れます。


1P

2P

3P

 ドアから出てきたのはうわさのような怪物でなく、物静かで紳士的な男。彼は「グレン」と名乗り、「“彼”のことは『グレンダ』と呼んでくれ」と、左目の下についた「もう1つの目」をさらします。うわさは作り話のようでいて、おおむね事実だったのです。


4P

 グレンは本来グレンダとともに双子として生まれるはずだったのに、彼がバニシングツインとなり消えてしまった過去を語ります。しかしグレンダは完全に消滅しておらず、グレンに吸収されてその一部に。つまり、開かない3つめの目はグレンダのものだったのです。

 その影響でグレンは激しい頭痛にさいなまれ、ときには気を失い、痛みでのたうち回ることも。それが「怪物のように暴れ回る」と伝わったのが、事の真相のようです。医者が言うには、頭痛はグレンダの目を切除すれば治るかもしれないとのこと。それでもグレンは「どんな姿形でも私の弟だ」と断り、1つの身体でグレンダとともに暮らしてきたのでした。


5P

 アランとアンはすっかりグレンと仲良くなりました。ところが、翌日も訪ねてみると、屋敷がどうもおかしい様子。開かないはずの「グレンダの目」が開き、代わりにその上の「グレンの左目」が閉じていて、言葉も「誰だテメェら」と、別人のように乱暴になっていたのです。


6P

7P

 アランとアンは、そこにいるのがグレンダであることに気付きました。これまでグレンとグレンダの人格は当人たちも知らぬうち、頭痛による気絶をきっかけにして交互に現れていたのです。グレンダは不本意に怪物と呼ばれてきたことで、心がすさんでしまったのでしょう。酒瓶を振りかざしてアランたちに襲いかかります。


8P

9P

 それでもアランたちは「2人一緒なら何も怖くない」と、一歩もたじろがず、グレンと会ったときに撮ったビデオをグレンダに見せます。映っていたのは、「どんな姿形でも私の弟だ」と語るグレン。初めて見た兄の姿とその優しい言葉に、グレンダは泣き崩れるのでした。


10P

11P

 「次はグレンダの姿をグレンに見せてあげてね」と、ビデオカメラをグレンダに渡すアランとアン。そしてまた、街の不思議を求めて去っていくのでした。


12P

 「起承転結や、伏線とその回収を、破綻なく12ページに詰め込む構成力が異常なまでにすごい」と絶賛されたこの漫画は、短編集『ブラック・テラー』の著者、三堂マツリ(@mido_mads)さんの作品。実はアランとアンが最後に話した「部屋中に目の写真を貼ってる男」は同書の第1編に登場する人物で、いわば「消えた双子」は短編集のプロローグなのでした。そこまでひっくるめて構成力にやられた感がある。

作品提供:三堂マツリ(@mido_mads)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙