ニュース
» 2019年03月06日 15時00分 公開

「本体よりも袋を喜ぶ」「夜は大運動会」 2匹の子猫との暮らしを描いた漫画が猫あるある満載で共感を呼ぶ

かわいい兄妹の猫ちゃんです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ふわふわな子猫との暮らしを描いたInstagramの漫画「こねこのドレイ」が、猫あるある満載で癒やされます。


こねこのドレイ わかる……!

 描いているのは『KEMARI』などの著書がある漫画家の長谷川ろくさん。登場する猫ちゃんは兄のジョナ君と妹のサンちゃんです。ちまちまでふわふわの子猫2匹をお迎えした長谷川さん。最初は「育てられるのかな」と不安そうです。でも手の中で甘える姿を見たら「かわいい」という気持ちでいっぱいに。涙ぐみながら2匹を大事にすることを誓います。



 暑い時期、2匹の体調が気になった長谷川さん。ホームセンターで「ひんやりマット」を購入し、部屋の中に置いてみます。見慣れないものを遠くから眺める2匹。上に乗ってひんやり感を楽しむ様子はありません。そうこうするうちにマットが入っていた袋を見つけた2匹。中に入り込みカサカサと遊びだします。



 猫ちゃんと暮らし始めると飼い主さんにも変化が起こります。留守の間にガス台で遊んだら……とか、落ちている輪ゴムを誤飲したら……など心配は尽きず、ガス栓を閉じ、ごみの捨て方にも気を配るようになります。結果としてマメになったという長谷川さん。この努力は猫ちゃんに伝わって……いないですね。



 猫ちゃんは夜行性。ある夜、妹のサンちゃんが枕元にやってきます。布団の中に入り込んだサンちゃん。人が寝ていることなどお構いなしに布団の中を縦横無尽に歩き回ります。それを見ていた兄のジョナ君。勢いをつけ布団に向かってジャンプをします。トランポリンのように布団の上で飛び回るジョナ君。飼い主さんの睡眠時間はどんどん削られていきます。



 こちらの漫画には「うちの子もそんな感じです」「猫は何をしてもかわいいですね」といったコメントが寄せられています。長谷川さんのInstagramには2匹の写真も。黒っぽいトラ柄がジョナ君、白地にグレーの模様が入っているのがサンちゃんです。寄り添って眠ったり、2匹そろって同じ動作をしたりと、愛らしい姿を見せてくれます。




画像提供:長谷川ろく(hasegawa_roku)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.