ニュース
» 2019年03月06日 07時30分 公開

怒られるとプレッシャーで“ポンコツ”になってしまう 実体験描いた漫画に「自分だけじゃなかった」と共感集まる

失敗を恐れて萎縮してしまい、さらに失敗してしまう負のスパイラルに……。

[林美由紀,ねとらぼ]

 仕事中に怒られるとプレッシャーでさらに失敗してしまう――そんな経験を描いた漫画「怒られるとポンコツになる」が4万を超えるいいねを集めて話題になっています。


怒られるとポンコツ02 怒られるとさらに失敗してしまうことがある

 作者の秋鹿えいと(@aikaeito)さんは、仕事中に理不尽に怒られるときは聞き流せるものの、自分が悪くて怒られると頭が真っ白になったり、仕事が終わってからもずっと自分を責めてしまったりするといいます。同じことで怒られないように必死になると、別の失敗をしてしまう“ポンコツ”状態に……。さらに、以前も怒られたことでまた怒られそうだと思うと、脳がギューッと小さくなる感覚におちいってしまいます。

 しかし、今のバイト先はミスをしても怒られません。そのおかげか自然体で働くことができ、今まではミスをしなくなったという秋鹿さん。怒られるプレッシャーがないとこんなにも働きやすいのかと思ったと締めくくっています。


怒られるとポンコツ01 プレッシャーが無ければうまくいくことも

 「失敗してはいけない」というプレッシャーは不要な緊張を生み、さらに失敗につながってしまうこともあります。だからこそ、誰かに何かを伝えるときは「怒り」の感情を抑えて伝えることが円滑な関係や環境を生み、ひいては仕事のパフォーマンスを上げることにもなるとあらためて思わせてくれる漫画です。

 この漫画を読んだ読者からは「自分だけじゃなかった」「怒られると萎縮してしまい何日も引きずる」「仕事において怒りの感情は不要」など同じ経験をした人やなどから共感の声が集まっています。


 作者の秋鹿えいと(@aikaeito)さんは、Twitterでさまざまな漫画を公開している他、Webサイト「アイスム」で「黒猫のクロ」を連載中です。

画像提供:秋鹿えいと(@aikaeito)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.