連載
» 2019年03月07日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】寝かしつけ後の“推し鑑賞タイム”、思わぬ邪魔が入りがち

あまりにご無体なタイミング……!

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児のワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、“推しを愛する女”としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせています。家族にはオタとしての顔はナイショのため、オタ活が捗るのは基本的に家族が寝静まってからです。しかしそんな“お楽しみタイム”は一筋縄ではいかないもので……。

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 夜、寝かしつけを終えたフミエさん。夫が帰ってくるまでにはまだまだ時間がありそうです。ようやく訪れたオタクタイム! 取り出したのは、推し(3次元)が出演した作品の映像ソフト。一般向け作品ではあるものの、ちょっと肌色な(エッチな)シーンが多くファンの間で話題になっていました。オタモード(カーマインモード)をいざ発動し、目をハートにして鑑賞します。そろそろエッチなシーンに〜〜〜!

オタ母あるある
オタ母あるある

 ――差し掛かるところで、夫、突然の帰宅。「ただいまー」の声が聞こえた瞬間、再生スイッチをオフ。オタモードから母(妻)モードにチェンジ。「終電で帰るよ」って言ってたけど今日は早かったんですね、お父さん……(早く帰れるのはいいことなんですけどね!)。

オタ母あるある
オタ母あるある

 そんなこんなで夫も就寝。「今度こそ……!」の思いを胸に、気を取り直して再生ボタンをポチッ。またやってくる推しの最高のシーンにオタモード全開です。ところが――

オタ母あるある
オタ母あるある

 「ママー、おしっこー」突如寝ぼけまなこをこすりながら起きてくる子! もちろん瞬時に再生を停止し、母モードを起動。子をトイレに連れていきながら、今日の“鑑賞会”は諦めるフミエさんなのでした。家族って、「もしかして全て計算でやっているのかッ!?」と疑いたくなるようなタイミングでやってくるものですよね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる