ニュース
» 2019年03月07日 18時00分 公開

MSIのPCモニターが銃弾を止めてユーザーを救った!? → 公式が「防弾モニターキャンペーン」開始

銃弾が突き刺さっても、モニターは稼働し続けたそうです。すごっ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 PCメーカーのMSI COMPUTER JAPANが、「防弾ゲーミングモニターキャンペーン」を開始しました。「防弾……モニター?」と、目を疑うようなワードが踊るこの企画、実はアメリカのゲーマーがツイートした、「自室に飛び込んできた銃弾をMSI製モニターが受け止めてくれた」というミラクルなニュースから始まったのです。



ALT ユーザーを救ったとされるMSIのモニター

 災難に遭ったのは、カリフォルニア州在住のEricさん。早朝に突然、自室と友人の部屋が合計5発の銃撃に襲われたといいます。銃弾は壁を貫通し、1発がEricさんのゲーミングモニター「Optix G27C2」の背面を直撃。驚くべきことにモニターは銃弾を受け止め、その後も壊れることなく稼働し続けたそうです。



 なお、地元警察は事件について、直前に路上で行われていたパーティで何者かが銃を乱射したとみています。


 事件がニュースとなって拡散されたことを受け、MSIは「海の向こうでのユーザー様の無事を祝いまして」と、銃弾に耐えたOptix G27C2を1人にプレゼントすることに。キャンペーンには、3月12日までに募集要項に沿ってツイートを投稿すれば参加できます。条件の1つに「MSIのモニターでできる面白いアイデアを投稿」があり、既に「防弾チョッキ」「盾に埋め込んで光学迷彩化」「いっそのこと的に使う」などの案が続々寄せられています。



G27C2 賞品のOptix G27C2は、VAパネルを採用したフルHDの27インチ湾曲型モニター。応答速度は1ms、リフレッシュレートは144Hz。AMD Freesyncにも対応しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.