ニュース
» 2019年03月07日 18時59分 公開

マリオの屍を超えてゆけッ 自分の死体を踏み台にゴールを目指すアクションゲームが面白くも考えさせられる

「マリオが常に大量の死を含んでいるゲームであることを可視化してみせている」。

[ねとらぼ]

 自分の死体を踏み台にゴールを目指すマリオ風ブラウザゲーム「Mamma Mia」が注目を集めています。


mammamia


 日本で話題になったきっかけは、YouTubeチャンネル「なんてことなの。」で海外インディーゲーム実況を配信しているソーシキ博士(@soshikihakase)さんのツイート。マリオに似た主人公が、自分の死体で埋め尽くされたトゲ床を渡っていく様子が紹介されています。

 ゲームのルールは単純で、要所にチェックポイントが設けられたステージをゴール目指してひたすら進んでいきます。ただしステージギミックは超凶悪。先の見えないトゲ床や、塔のようにそびえるキラー大砲(?)の弾幕など、マリオ並みの身体能力をもってしても超えられない難所ばかりが続きます。


mammamia 一見すると渡れなさそうなトゲですが……

mammamia 死体を足場に渡っていきます

 そこで活用するのが「自分の死体」。このゲームでは、主人公が死んだ場所に死体が残り続け、足場や壁にすることでムリヤリ先に進むことができるのです。とんでもチート能力だ!

 死体は物理演算によってコロコロと転がっていくので、足場や壁が崩れないように計画性を持って死に場所を決めるのが早期攻略のコツ。Fキーを押すことで、任意の場所に死体を作ることもできます。


mammamia 大砲を防ぐ肉壁にすることも

 大量の屍を越えた先にクリアがあるゲーム性が特徴的に感じられますが、ツイート投稿者のソーシキ博士さんが言及しているように、それは元ネタになったマリオも同じこと。システムの中で消費され、存在感が希薄になってしまっている「マリオの死」という概念を可視化し、そのうえでパズルゲームとして昇華した意欲作です。

 実質無敵なので難易度はそれほど高くなく、10分程度でサクッとクリアできるボリュームです。本作「Mamma Mia」はゲーム開発者CHEESE TEAMがゲームジャムで手がけた処女作。公式サイト内のリンクから PCブラウザで遊べます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響