ニュース
» 2019年03月07日 18時59分 公開

マリオの屍を超えてゆけッ 自分の死体を踏み台にゴールを目指すアクションゲームが面白くも考えさせられる

「マリオが常に大量の死を含んでいるゲームであることを可視化してみせている」。

[ねとらぼ]

 自分の死体を踏み台にゴールを目指すマリオ風ブラウザゲーム「Mamma Mia」が注目を集めています。


mammamia


 日本で話題になったきっかけは、YouTubeチャンネル「なんてことなの。」で海外インディーゲーム実況を配信しているソーシキ博士(@soshikihakase)さんのツイート。マリオに似た主人公が、自分の死体で埋め尽くされたトゲ床を渡っていく様子が紹介されています。

 ゲームのルールは単純で、要所にチェックポイントが設けられたステージをゴール目指してひたすら進んでいきます。ただしステージギミックは超凶悪。先の見えないトゲ床や、塔のようにそびえるキラー大砲(?)の弾幕など、マリオ並みの身体能力をもってしても超えられない難所ばかりが続きます。


mammamia 一見すると渡れなさそうなトゲですが……

mammamia 死体を足場に渡っていきます

 そこで活用するのが「自分の死体」。このゲームでは、主人公が死んだ場所に死体が残り続け、足場や壁にすることでムリヤリ先に進むことができるのです。とんでもチート能力だ!

 死体は物理演算によってコロコロと転がっていくので、足場や壁が崩れないように計画性を持って死に場所を決めるのが早期攻略のコツ。Fキーを押すことで、任意の場所に死体を作ることもできます。


mammamia 大砲を防ぐ肉壁にすることも

 大量の屍を越えた先にクリアがあるゲーム性が特徴的に感じられますが、ツイート投稿者のソーシキ博士さんが言及しているように、それは元ネタになったマリオも同じこと。システムの中で消費され、存在感が希薄になってしまっている「マリオの死」という概念を可視化し、そのうえでパズルゲームとして昇華した意欲作です。

 実質無敵なので難易度はそれほど高くなく、10分程度でサクッとクリアできるボリュームです。本作「Mamma Mia」はゲーム開発者CHEESE TEAMがゲームジャムで手がけた処女作。公式サイト内のリンクから PCブラウザで遊べます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.