ニュース
» 2019年03月08日 20時00分 公開

「初めてのラーメン二郎」を描いた奇妙なレポ漫画が話題ッ! 「食レポしてるだけなのに面白すぎる……」

ヴァニラ・アイスが二郎を食う話。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 呪文めいた言葉でトッピングを宣言する“コール”、複数人の麺を同時に茹でる調理法“ロット”など、数々の専門用語が都市伝説のように語り継がれるラーメン二郎。そんな二郎に初挑戦したレポ漫画がTwitterで注目を集めています。


奇妙な二郎 独特のテンションで描かれる二郎レポ漫画

 作者は「ジョジョの奇妙な冒険」の解説動画で人気の動画投稿者ヴァニラ(@Vanila_Ice_Ice)さん。漫画内の自画像もヴァニラ・アイスです。吸血鬼がニンニクラーメンを食いに行く話。


 その日はヴァニラさんにとって初めてのラーメン二郎。コールについてうろ覚えの知識はあるものの、具体的な注文方法までは分からず、並んでいた常連客に教えを請います。すると常連客は一瞥もくれることなく「中で食券が買える」とただ要点を伝えるのみ。さすがジロリアン。凄みがある。


奇妙な二郎 うろ覚えの呪文

奇妙な二郎 食券を買うのは得意だぜ

 無事に食券も購入し、順番待ちの末に着席。「おいおい余裕じゃないかラーメン二郎!!」と安心したのもつかの間、ついに“あの瞬間”がやってきます……。

 「麺の硬さは?」「トッピングは?」


奇妙な二郎 行列は二郎の常

奇妙な二郎 「余裕じゃないか」

奇妙な二郎 初心者あるある

奇妙な二郎 ついに来た!

 ドッギャァァンと頭上に鎮座するトッピング表。「これが有名な呪文の元か!!」「“カラメ”って“辛め”だったんだ!!」「そもそも元の状態が分かってないのに何を盛ればいいんだ!!」――長年の疑問に答えが提示されたかと思えば、浮かび上がる新たな謎。息切れするほどの緊張の末、焦ったヴァニラさんはコールを失敗してしまいます。


奇妙な二郎 特有の緊張感

奇妙な二郎 二郎はうまい!!

奇妙な二郎 ニンニク臭さに驚くまでが初二郎。

 ですが結果的にミスが功を奏します。無謀なマシマシを避けたことで、満腹になりながらも無事に完食。「麺が太!!うどんみたいだ!!いや。うどんだ。」「そしてうまい!!」

 こうして初めての二郎に登頂したヴァニラさん。彼の後ろには、同じく初めての二郎だと思われる青年が……。「青年……次はトッピングだぞ!!」「がんばれ」「がんばれよ」と心の中でエールを送ります。こうして次世代へと受け継がれる意志。二郎とはまさに人間賛歌なのかもしれませんし、違うかもしれません。

 リプライ欄には「なんで食レポしてるだけなのにこんなに面白いんや……」「これで二郎に行けます。ありがとうございます!!並で!!」といったコメントが寄せられていました。

画像提供:ヴァニラ(@Vanila_Ice_Ice)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.