コラム
» 2019年03月13日 11時00分 公開

【マンガ】米国「自由の女神」が“茶色から緑色に変わってしまった理由”

完成後、数十年間は別の色だったそうな。

[ねとらぼ]

 米国ニューヨーク湾にある「自由の女神」は、緑色。最初は茶色をしていたのに、色が変わってしまったのだそうです。一体、どういうことなんです?

解説

 米国で自由の女神の除幕式が行われたのは1886年。外側は銅でできており、このころは茶色だったといいます。その後、緑色に変わった原因は「緑青(ろくしょう)」。銅の酸化によって生成されるサビで、銅像表面に皮膜を張り、内部を保護する効果があるのだとか。

 ちなみに、米国国立公園局によると「自由の女神が十分に酸化し、緑青を形成するのには約30年かかった」とのこと。完成時期を考慮するとちょうど約100年前から、茶色ではなく“緑色の像”だった計算になります。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.