ニュース
» 2019年03月08日 22時35分 公開

「ポプテ比ックが2019年に発売の最新シレーズ」 『ポプテピピック』新刊の帯が“日本語ガバガバな説明書”風で反響

絶対はやゐ!

[ねとらぼ]

 3月7日に発売された漫画『ポプテピピック』(大川ぶくぶ)の新刊の帯が、海外製品の日本語の説明書でよく見掛ける“ガバガバな日本語”風に書かれており、斬新な告知方法だとしてTwitterで多くの人の笑いを誘っています。

『ポプテピピック SEASON THREE AND FOUR』

帯の裏が……

まさかの“日本語ガバガバな説明書”風

 話題の帯は、コミックス第3集『SEASON THREE AND FOUR』に巻かれたもの。表には大きく「店長おすすめ☆」と書かれ、どの書店に置かれようと勝手に店長が勧めていることになってしまうという、ポプテピらしいふてぶてしさが光る帯となっています。

 裏には「かわいね!」「絶対はやゐ!」「たのしいし! 目的にピッタレ!」「非常に良い品質、美本は魅力的な!」と、一見無難なキャッチコピーがつらつらと書かれているようですが、なんか日本語がおかしい。「る」が歴史的仮名遣いの「ゐ」に、「し」がかたかなの「レ」になっていたり――あ、これ、輸入製品でたまに見掛ける、日本語がめちゃくちゃな説明文にそっくりだ!

「安全マークほんもの」のズレ具合もそれっぽい

 他にも「これがポプテ比ックが2019年に発売の最新シレーズ。好まレい人気の正式な安心を設計されています」と日本語に詳しくない人が必死に打ち込んだような駄文が続きます。「ポプ子とヒヒ美とユニーつな性格のキャうクターの友達ごす」……ところどころ漢字のフォントが変わっていたり、半角と全角が混在したりしているのもそれらしい。ポプテピピックがまるで格安電化製品に見えてきます。

 こうした“ガバガバな日本語の説明書”は、たびたび掲示板やSNSにアップされて話題になっています。これを帯の宣伝文句にしてしまうとは、気づいた人はニヤけてしまわざる得ないというか、皮肉がきいているというか、さすがはポプテピピックといえる手法です。

 Twitterではあるユーザーが帯の写真を「ポプテピピック最新刊の帯、中国とか台湾に売ってそうなガバガバの日本語が書かれた商品パッケージみたいなのずるすぎない??」と投稿したところ、3万回近くリツイートされるなど大きく注目を浴びることに。「めっちゃ笑った」「これは、いい花火ですね…」といった声の他、「フォントがそれっぽい」「2019に全角半角混ざってるのがポイント高い」と再現度の高さを称賛する声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた