ニュース
» 2019年03月11日 12時00分 公開

世界最高額14億円(!)のクルマ「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」 吸い込まれそうな黒さやべぇぇ (1/2)

ため息しか出ない美しさ。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 フランスの高級車メーカー、ブガッティは3月5日(現地時間)、ジュネーブ国際モーターショー2019で1台だけの超特別車「ラ ヴォワチュール ノワール」を披露しました。

ラ・ヴォワチュール・ノワール大きめ ラ ヴォワチュール ノワール

 ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティ創業110年を記念した特別なワンオフカーとして製造されたもの。「黒いクルマ」という意味です。販売価格は1100万ユーロ、日本円換算で約14億円(!)です。ブガッティは、自動車史上最も高額な新型車と述べています。

 ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティが第二次世界大戦前に製造した「タイプ57 SC アトランティーク」をモチーフにしています。当時、世界で最も美しいクルマと評されたクーペで、伝説の車種。デザインとともに走行性能もすさまじく、時速200キロ以上の最高速度を実現したそうです。1930年代というとまだ馬車や蒸気機関が使われていた時代。地上を走る乗り物の中では、群を抜く速さでした。

タイプ57 SC ラ ヴォワチュール ノワールと並ぶタイプ57(右奥)

 ラ ヴォワチュール ノワールは、圧倒される性能、デザイン、特別感……まさに現代のタイプ57です。ブラックのカーボンファイバーによって作られた車体は、ため息が出るほどの気品にあふれています。そして、タイプ57の特徴でもあるボディーラインの中央をスッーと通る“トサカ”のような造形をラインで再現。見ているだけでうっとりしてしまう迫力があります。

正面 正面から見たラ・ヴォワチュール。ふ、ふつくしい……
バンパー 中央に引かれたラインが特に美しい

 もちろん走行性能も世界最高クラスです。8リッターW16気筒エンジンによって、最大1500馬力、最大トルク約163.15kgf-m(1600Nm)のバケモノのような出力を発揮します。

ブガッティ後方 ブガッティ後方。6本並んだマフラーエンドも迫力ありすぎ

 デザイン、性能、そして値段と何もかもが桁違いなスーパーカーですが、既に熱狂的なブガッティファンによって購入が決まっています。

ラ ヴォワチュール ノワール 一度でいいから乗ってみたい……!

 また、ジュネーブショーの会場では主力車種「シロン」(関連記事)の110周年特別記念モデルも発表されました。こちらも美しい……。

シロン110周年 同じくジュネーブの会場で発表された「ブガッティ シロン 110周年モデル」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.