ニュース
» 2019年03月11日 12時00分 公開

世界最高額14億円(!)のクルマ「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」 吸い込まれそうな黒さやべぇぇ(1/2 ページ)

ため息しか出ない美しさ。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 フランスの高級車メーカー、ブガッティは3月5日(現地時間)、ジュネーブ国際モーターショー2019で1台だけの超特別車「ラ ヴォワチュール ノワール」を披露しました。

ラ・ヴォワチュール・ノワール大きめ ラ ヴォワチュール ノワール

 ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティ創業110年を記念した特別なワンオフカーとして製造されたもの。「黒いクルマ」という意味です。販売価格は1100万ユーロ、日本円換算で約14億円(!)です。ブガッティは、自動車史上最も高額な新型車と述べています。

 ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティが第二次世界大戦前に製造した「タイプ57 SC アトランティーク」をモチーフにしています。当時、世界で最も美しいクルマと評されたクーペで、伝説の車種。デザインとともに走行性能もすさまじく、時速200キロ以上の最高速度を実現したそうです。1930年代というとまだ馬車や蒸気機関が使われていた時代。地上を走る乗り物の中では、群を抜く速さでした。

タイプ57 SC ラ ヴォワチュール ノワールと並ぶタイプ57(右奥)
BUGATTI’s latest Masterpiece: "La Voiture Noire"(YouTube/Bugatti)

 ラ ヴォワチュール ノワールは、圧倒される性能、デザイン、特別感……まさに現代のタイプ57です。ブラックのカーボンファイバーによって作られた車体は、ため息が出るほどの気品にあふれています。そして、タイプ57の特徴でもあるボディーラインの中央をスッーと通る“トサカ”のような造形をラインで再現。見ているだけでうっとりしてしまう迫力があります。

正面 正面から見たラ・ヴォワチュール。ふ、ふつくしい……
バンパー 中央に引かれたラインが特に美しい

 もちろん走行性能も世界最高クラスです。8リッターW16気筒エンジンによって、最大1500馬力、最大トルク約163.15kgf-m(1600Nm)のバケモノのような出力を発揮します。

ブガッティ後方 ブガッティ後方。6本並んだマフラーエンドも迫力ありすぎ

 デザイン、性能、そして値段と何もかもが桁違いなスーパーカーですが、既に熱狂的なブガッティファンによって購入が決まっています。

ラ ヴォワチュール ノワール 一度でいいから乗ってみたい……!

 また、ジュネーブショーの会場では主力車種「シロン」(関連記事)の110周年特別記念モデルも発表されました。こちらも美しい……。

シロン110周年 同じくジュネーブの会場で発表された「ブガッティ シロン 110周年モデル」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響