ニュース
» 2019年03月12日 17時05分 公開

NHKのAIアナ「ニュースのヨミ子」が北大の技術で川柳に挑戦 当日話題のニュースをお題に1句

ヨミ子の川柳は3月13日の「チェック11」で初のお披露目。4月からは「シブ5時」に移籍します。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NHK「ニュースチェック11」(平日23時10分)のAIリポーター「ニュースのヨミ子」が、3月13日放送分(※)から川柳を披露します。その日話題となったニュースの言葉を題材に、一句詠んでくれるそうです。

※当日のニュース次第で急な変更の可能性があります

イメージ

 川柳用のAIは、もともと俳句を詠むシステムを開発していた北海道大学調和系工学研究室とのコラボレーションで実現。今回は時事との親和性が俳句よりも高い、川柳のシステムを新規に開発しました。

 AIの学習には、毎日新聞社の「仲畑流万能川柳」と、第一生命保険の「サラリーマン川柳」が協力。提供された数万句の川柳が学習データに使用されました。ヨミ子は今後も学習を続け、いずれ仲畑流やサラリーマン川柳への投稿に挑戦するかもしれないとのこと。

 なお、番組改編に伴い、ヨミ子は4月から「ニュース シブ5時」に移籍。毎週金曜日に登場し、その週のニュースをお題に川柳を詠むそうです。


ヨミ子ヨミ子 「コップのフチ子」のタナカカツキさんがデザインしたヨミ子。川柳には和装で挑戦します

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.