ニュース
» 2019年03月13日 19時35分 公開

「路上教習でラブホにINした」 ハッシュタグ「どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト」に美しき女たちの致命傷エピ集う

強く生きてほしい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ミス日本。それは日本に住む女性にとっては憧れの的であり、名誉ある美の賞です。しかし現在、Twitterでは迷世ある微を競い合うハッシュタグ「#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト」が流行しており、美しき女性たちによる致命傷エピソードが続々と集まっているもよう。ミスはミスでもMiss日本。


どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト ミス日本といってもこんな感じではなく……













 現在特に人気を集めているのが、路上教習での話。左折箇所を誤りラブホの入り口に突入、教官は秒速でサイドを引き助手席のフットブレーキで急停止し「後続教習車が驚いてるぞ! クビにさせるつもりか!」と叫ばせたというもの。ミス日本最有力候補です。エピソードが強すぎる。

 次いで拡散されているのが、ワープロ時代に「貞夫」の変換がうまくいかず「童貞」→「童貞夫」と入力し「童」の字を消し忘れたまま提出、検印でも誰も気付かず客の手に渡ってから判明したというもの。受け取った人の心境やいかに。

 他にも「入社式で1人ぽつんと座っているかなり年上の人とフランクに話してたら社長だった」「店員がやる気のない返事をするのでキレたら店員じゃなかった」「電話対応で『そうしますと……』という言葉が出てこず「するってぇと……』と江戸っ子になった」といったエピソードが人気となっていました。


どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト あなたも最高のエピソードを投稿してミス日本になろう!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」