ニュース
» 2019年03月13日 21時34分 公開

「ボクのファミコンだ!」 ドラクエのシールに導かれしゲーマー、なくしたファミコンと約30年ぶりに再会

コントローラーに貼られていたシールのはがれ具合から、かつて自宅にあったファミコンのものと確信したそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 いつの間にか家からなくなっていたファミコンのコントローラーと、中古ショップで約30年ぶりに再会した――。あるゲーマーに訪れた奇縁が、Twitterで注目を集めています。


コントローラー まさかの再会

 投稿主の諜報部員(@tyo_san)さんが手にしたのは、「ドラゴンクエストIV」のシールが貼られたコントローラー。ボタンまわりのシールはボロボロで、地がむき出すほどに使い込まれています。このハゲ具合から、投稿主はかつて自宅にあったファミコンのものと確信したそうです。


 投稿主とコントローラーを引き合わせたのは、秋葉原で中古ハードや部品を取り扱う「家電のケンちゃん」で、きっかけは同店の店員がコントローラー単体を部品として出品したことを告知したツイートでした。添付画像にあった、シールの貼られた個体を見て、諜報部員さんは「このシールには見覚えあるぞ」と反応。いざ店に赴いて再会を果たしたわけです。


 紛失の経緯は投稿主も記憶になく、おそらく遊ばなくなって乱雑に扱っているうちに、母親が捨てたのではないかと推測しています。母は他界しており、真相は不明とのこと。ツイートには、「ドラクエIV」の副題「導かれし者たち」やラストシーンを思い出し、劇的な再会に感動する声が寄せられました。


アイキャッチ おもいでをだいじに

画像提供:諜報部員(@tyo_san)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.