ニュース
» 2019年03月14日 20時15分 公開

検索結果から「いかがでしたかブログ」除外 ブラウザ拡張機能「ゴシップサイトブロッカー」が便利

URLやドメイン、キーワードといった条件で、該当するサイトを検索結果から除外できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleの検索結果から、設定した条件に該当するサイトを排除するブラウザ拡張機能「ゴシップサイトブロッカー」(Chrome版Firefox版)が登場しました。好みでないサイトを除外し、検索の精度を高められます。


Chrome版 Chrome版配信ページ

 導入後は検索で出たサイト名のそれぞれに、「このページをブロックする」ボタンが付随するように。これをクリックのうえ、「このドメインをブロック」か「このページをブロック」を選んで決定すると、指定したサイトのブロックを設定できます。ブロックの方法も、あとから検索画面上で解除できる「ソフトブロック」か、オプションから設定を変更しない限り解除できない「ハードブロック」から選択可能。いずれにせよ、設定したサイトは仮に検索でヒットしたとしても、詳細が検索結果に出なくなります。


使用例 検索で出たサイト名の下に、「このページをブロックする」ボタンが登場。ここからは便宜上、ねとらぼを例にブロック方法を説明します。編集長に怒られないといいなあ

使用例 ブロック方法を選択のうえ、「ブロック」をクリック

使用例 ソフトブロックした結果。「ねとらぼ」で検索しても記事名などが出ないありさまに

使用例 ハードブロックの場合、さらに情報が減ります

使用例 「ブロックを一時解除」をクリックすると、本来の検索結果が復活。何がブロックされていたのか、地色で分かる

使用例 拡張機能アイコンをクリックすると、閲覧中のページをブロックできる

 拡張機能アイコンから「オプション」を開くと、ブロック方法の変更や取り消しなど、設定したURLの管理が可能。「禁止用語」の項目では、指定したキーワードを含むサイトをブロックするよう設定できます。


使用例 キーワードに「ねとらぼ」を入れたところ、サイトはもちろん公式SNSアカウントまで除外されました

 ゴシップサイトで使われがちなフレーズ「いかがでしたか」を除外して検索する機能も標準搭載。キーワードに「いかがでしょうか」「いかがでしたでしょうか」などのバリエーションを追加すれば、より徹底できます。検索の精度をとことん高めたい人は試してみてはいかがでしょうか? この方法が広まった暁には当記事も読まれなくなること必至ですが、役目をまっとうしたことにはなりますし、それはそれで大丈夫……のはず。


使用例 検索結果ページで拡張機能アイコンをクリックすると、「いかがでしたか」除外機能が使用可能。有用なページまで除外される可能性もあるので、やりすぎに注意

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」