ニュース
» 2019年03月14日 21時02分 公開

「宅ふぁいる便」が不正アクセスの調査を完了 サービスは当面休止

「再発防止策に取り組んでいく」としオージス総研がているため、再開を目指していくもよう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 オージス総研が3月14日、ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受けた件についての調査を完了したと発表しました。この発表によると、「宅ふぁいる便」は当面休止するとしています。


宅ふぁいる便 オージス総研 個人情報漏えい 不正アクセス 画像はオージス総研から


宅ふぁいる便 オージス総研 個人情報漏えい 不正アクセス これまでの経緯

 「宅ふぁいる便」は1月にサーバの脆弱性を攻撃され、不正アクセス被害にあっていました。この結果利用者の氏名やメールアドレス、生年月日といった個人情報が481万5399件分漏えいし、1月23日以降サービスを停止しています。なお、サービス利用者が「宅ふぁいる便」に預けていたファイルについては、漏えいがなったとのこと。

 再発防止策として、サイバー攻撃への対策と監視の強化に加えて、今後の第三者によるセキュリティ監査結果を踏まえた再発防止策に取り組むとのこと。また、社内横断的に再発防止策を早期に実行するため、「セキュリティ強化対策部」を設置するとしています。

 今後は将来にわたって安心して利用できるよう、最新技術の採用や利便性向上等のためのシステム再構築が必要であることから、サービスを当面休止するとのこと。方針決定後、速やかにWebサイトで知らせるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.