ニュース
» 2019年03月15日 08時00分 公開

「オリジナルキャラにこだわりすぎて設定を2万字考えた」アキバの“オタクのための美容室”、大阪と池袋に進出

美容師さんもオタクばかりの店です。

[ねとらぼ]

 オタクな美容師さんに施術してもらいながらアニメやゲームの話ができる――そんなオタクのための美容室「OFF-KAi!!」が店舗を拡大しています。3月1日に大阪市にOSAKA店をオープンし、4月上旬には東京・池袋にOFF-KAi2!!をオープンします。

OFF-KAi!! オタクのための美容室「OFF-KAi!!」

 OFF-KAi!!は2016年に東京・秋葉原にオープン。店内にはアニソンを流し、漫画がずらりと並んだ本棚を置き、かわいいオフィシャルキャラクターも。公式サイトの美容師のプロフィールには「好きなアニメ」「好きなアニメキャラ」が記されています。

店内にはグッズや本がずらり

 拡大するオタクのための美容室。あらためて立ちあげのいきさつや新店舗について、代表の茂木賢太さんに聞きました。

 自身も「Aチャンネル」や「苺ましまろ」などが好きだというオタクな美容師の茂木さん。始まりはオタク友達との「アニソンが流れててアニメの話ができて置いてある雑誌もアニメ系の雑誌な美容室があったらいいよね」という何気ない会話だったといいます。その後次第にそんなお店をオープンできるのではないかという思いに変わっていき、オープンに至ったとしています。開店資金の一部をクラウドファンディングで募ったところ、目標の2倍に達する資金が集まりました。

雑誌もアニメ誌ばかり

 ちなみに大変だったのはオリジナルキャラクターの作成で、「こだわり過ぎてそのキャラが住む異世界設定を2万字ほど考えたのですが、それが楽しかったけど大変でした」と茂木さん。

オフィシャルキャラクター「マルィシュカ・オフカ」。公式サイトには彼女の住む異世界の設定も詳しく書かれています

 現在、お客さんの99.99%がアニメやゲームなど何かしらのオタクで、特に男性が多いとのこと。コスプレイヤーなど生産者側の人よりも、茂木さんのような一般の消費者側のオタクが大半と感じているとしています。

 アニメ好きのお客さんが多いだけに、「キャラクターと同じ髪形にしてほしい」という依頼も多いのではないかと思ってしまいますが、たいていのお客さんは社会人なので派手なオーダーは多くはないそうです。

店内にはマルィシュカ・オフカの姿も

 「中にはアニメのキャラの派手な髪色にしたり、超サイヤ人ブルーの色と形にしたいとおっしゃられる方もおりますが、大体のアニメキャラヘアーオーダーは職場でも怒られない程度の髪型で、おそ松さんや三日月宗近、最近ですとゾンビランドサガの巽幸太郎など、カラーもイベント前に推しの髪色をインナーカラーで入れるなど、社会に溶け込めるオーダーが一般的となっております」(茂木さん)

 これまで印象に残ったことなどを聞いたところ、SNSでお客さんに「まさか美容室に行くのが楽しみになる日が来るとは思わなかった」と言われてうれしかったこと、コミケで並んでいたら隣の列に奇跡的にお客さんも並んでいてそこで挨拶したことと答えてくれました。

池袋店は女性オタクがターゲット

 新店舗を大阪にオープンした理由については、東京になかなか来られない人から関西に支店を作ってほしいという要望が多かったため。「東京で需要があれば日本の主要都市であれば同じぐらいの需要はあるだろうと思っていたので、秋葉原店オープン前から関西出店は考えていたのですが、やはりそういったご要望をいただいたことからフランチャイズではありますが出店に踏み切りました」。大阪店は少しカラーの特色が強くなっているものの、秋葉原店同様にさまざまなオタクの方に来てもらえるようなコンセプトになっているといいます。

OSAKA店の店内もアニメだらけ

 また池袋に出店するのは、女性のオタクが最も集まる街だから。「秋葉原店のお客様は男性がメイン層になっておりますので、女性が多少入りづらいのではないかと思い、女性オタクの方が入りやすいお店を池袋に作ろうと決断しました」と茂木さんは語ります。秋葉原より少し女性向けのコンセプトに寄せる予定で、「たくさんの女性オタクの方に顧客になって頂けたら秋葉原店のお客様と池袋店のお客様をつなぐようなオタク婚活のお手伝いができたらとも考えております」と先の展望についても話してくれました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」