ニュース
» 2019年03月15日 07時30分 公開

運動苦手なイラストレーターがスクワットを続けた体験をレポート漫画に 「パツパツだったジーンズがするっと入った」

筋肉は裏切らないことがまた立証されてしまった。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 運動が苦手なイラストレーターが体形改善のためにスクワットを始めた体験を描いたレポート漫画に注目が集まっています。描いたのはイラストレーターのいしかわひろこさん


スクワットしたらなんか色々良かった話

 いしかわさんは4歳のお子さんを持つイラストレーター。出産以来、下半身に脂肪がつく洋ナシ体形になってしまったといいます。また仕事柄、液晶タブレットを使用することが多く、肩と背中のコリ、腰痛が悪化してしまい吐き気を催してしまうほど。このままではいけないと思いたどり着いたのがスクワットでした。


スクワットしたらなんか色々良かった話

 スクワットは筋トレの中でも一番大きな筋肉を鍛えるトレーニングだそうです。正しいと言われているフォームは下記の通り。

  • 顎を引いてまっすぐ前を見る
  • 背中を丸めないようにお尻をつきだす
  • 胸はしっかり張る
  • 膝はつま先より前に出さない
  • 足は肩幅に広げる
  • 太ももが水平になるまで腰をゆっくり落とす

 運動が苦手ないしかわさんは10回2セットで始めてみることに。筋肉痛が出たら休む、無理はしないなどの方針を設け、また三日坊主を防止するために朝の仕事前と昼食前に時間を決めて実施しました。


スクワットしたらなんか色々良かった話

 その結果、腰痛が改善し姿勢も良くなりました。そして体力がついたため走ったり自転車に乗っても疲れにくくなったとか。体形の変化は脂肪が減ったというより引き締まった感じがあり、体のラインにメリハリがついたそうです。


スクワットしたらなんか色々良かった話

 漫画には「がんばってみよう」「やってみます」とスクワットにチャレンジしたいという声も。いしかわさんは、これからスクワットを始めようとする方への注意点として「筋トレに慣れていない人はかなりキツく、無理をしすぎると膝や腰を痛めてしまう可能性がある」とツイートしています。1回でもキツいときは正しいフォームを保ったままま自分が腰を下ろせるところまで下ろすだけでも効果を実感できたとしています。

 いしかわさんは愛知県でイラストレーターをしており、Webサイトで作品ポートフォリオを公開しています。

画像提供:いしかわひろこさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.