コラム
» 2019年03月18日 11時00分 公開

【マンガ】「シロサイ」が白くなくて、「クロサイ」も黒くない“ちょっと残念な理由”

どっちもグレー。

[ねとらぼ]

 サイには「white rhiho」「black rhino」という種類があり、日本では直訳で「シロサイ」「クロサイ」と呼ばれています。

 しかし、両者とも体の色はグレーで、そんなに白いわけでも黒いわけでもありません。……どうしてこんなややこしい名前になっちゃったんです?

解説

 一説によると、シロサイが白くないのは「英語名が勘違いから生まれたものだから」。この種は口の幅が広いのですが、アフリカーンス語で「広い」という意味を持つ「wijdt」などの言葉を、英語の「white」と間違えてしまったのではないか、といわれています。

 対して、クロサイは口先がとがっており、対照的な顔つき。誤って名付けてしまったシロサイとの区別から、(本当に黒いかどうかはさておいて)この名で呼ばれるようになったのだとか。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.