ニュース
» 2019年03月15日 16時30分 公開

開館53年の映画館「有楽町スバル座」、10月に閉館 施設の老朽化などのため

日本初の洋画ロードショー劇場「丸の内スバル座」を継承した、日本映画史と深く関わる施設でした。

[ねとらぼ]

 2019年10月中旬に映画館「有楽町スバル座」(東京・有楽町)を閉館することをスバル興業が発表しました。閉館理由については、今後の映画興行事業の展望や施設の老朽化などを総合的に判断したと説明しています。

有楽町スバル座の上映室(スバル興業サイトより

 有楽町スバル座は、1966年4月に有楽町ビルの竣工とともに3階に開館。1953年に火災で消失した日本初の洋画ロードショー劇場「丸の内スバル座」を継承し、「イージー・ライダー」「スヌーピー作品」「ブリキの太鼓」など話題の洋・邦画を上映してきました。現在の席数は270席。

有楽町スバル座がある有楽町ビル(三菱地所より

 スバル興業は「長きにわたり、多くの映画ファンおよび関係各位の皆様にご支援・ご愛顧いただきましたことに心より御礼申しあげます」と利用者に謝意を表明。閉館日は決定次第、公式サイトで発表する予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.