石を積むアートが見とれてしまうすごさ 「ロックバランシング」とはなんなのか石積みアーティストに聞いた

理解できないほど絶妙なバランスで積み上げられた石が神秘的です。

» 2019年03月17日 09時57分 公開
[宮原れいねとらぼ]

 石を積んでオブジェを作る「ロックバランシング」を、京都の河原にて作り続けている池西大輔(@IsmDaisuke)さんの作品が思わず見とれてしまうほどのすごさです。


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔 一体どうやって作ってるんだ……!?



 池西さんは、京都市にある高野川と賀茂川の合流地点「鴨川デルタ」(鴨川公園)にて、まるで魔法で時間を止めたかのような、驚きのバランス力で積み重なった石のオブジェを作成。その場に落ちている石を使い、「これどうなってるの!?」と聞きたくなるような絶妙な積み方で作られた“それ”はまさにアート。最上部の1点で立ってる石とか一体どうなってるんだ……。


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔

 作品は本人のTwitterInstagramなどで公開されているほか、池西さんはテレビ番組などさまざまなメディアに出演し、ロックバランシング・アーティストとして注目を集めています。ちなみに本職は整体師で、京都市「高野整体院」の院長さんです。


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔

 また池西さんは、ZOZOTOWN・前澤友作さんによる100万円が当たるTwitter企画「月に行くならお年玉」の当選者でもあります。その“お年玉”で「作品集を作りたい」とツイートしていた池西さんに、あまり聞き慣れないロックバランシングというアートについても含め聞いてみました。




――そもそもロックバランシングってどんなものなのでしょうか?

池西さん:接着剤やワイヤ等を使わずにバランスのみで石を積むアートです。

――ロックバランシングの大会とかあるのでしょうか?

池西さん:世界ではあるようですが、日本では聞いたことがないです。

――なぜロックバランシングを始めることになったのでしょうか?

池西さん:休みの日に川沿いを散歩してたのですが、だんだんと飽きてきたんです(笑)。そこで、テレビで見たロックバランシングをやってみようと思いました。もちろん、最初は“魅せる”ような作品は作れませんでしたが、すごく面白くて「これをやり続けたら面白いことが絶対に起きる!」と思いました。そして、やり続けた結果こうして取材を受けたり、テレビに出たり、今まで経験したことのない面白いことを経験をさせていただくようになりました。“継続は力なり”ですね! ただ、まだ“序章”です。私にはやりたいことがたくさんあるので、夢までの“過程”を楽しみながらドンドン行動し続けていきます!


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔 河原でロックバランシングをする池西さん。ユニクロのCMに出るのも夢の一つだそうです

――今まで一番の力作はどんなものですか?

池西さん:私は特に作品を比べたりしないので、一番というのがありません。ただ、お気に入りはいくつかありますよ。


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔


河原 石を積む ロックバランシング 池西大輔

――時間はどのくらいかかりましたか?

池西さん:作成時間はだいたい15〜20分ぐらいです。 使う石を集めてる時間の方が長いかもしれません。もっと言うなら、どんな作品を作ろうかなと頭の中で考えてるところから「ロックバランシング」は始まってます。さきほども述べたように作品が完成するという“結果”よりも、作品が完成するまでの“過程”が楽しいので、時間はあまり気にしていません。



――今までで一番すごいと思った作品はなんでしょうか?

池西さん:アートは比べるものではないと思うので、これも一番と言うのはありませんが、しいて言うならやはりロックバランシングの第一人者といわれてるマイケル・グラブ氏(※)の作品でしょうか。 彼の作品にはいつも刺激を受けています。 彼の作品は重力を無視したまるでCGのようです。

※マイケル・グラブ氏……ロックバランシング・アートを世界的に広めた芸術家/パフォーマー

――前澤さんの企画で100万円当たって写真集を作ると聞きましたが、どんな写真集にしたいですか?

池西さん:確かに私は前澤さんから100万円を頂戴しましたが、これはお金ではなくドキドキ&ワクワクのバトンを受け取ったと思っています。なので、このドキドキ&ワクワクのバトンをいろんな方につなげていくことが前澤さんへの感謝の表し方だと考えてます。私は本職(整体師)があるので、どこまで旅できるかは分かりませんが、日本中を旅して、行く先々で違うカメラマンに写真を撮っていただくつもりです。 例えば、北海道に行ったら北海道在住の(プロアマ問わず)カメラマンに撮って頂き、沖縄に行ったら沖縄在住のカメラマンに撮っていただく。 出来上がった私の作品集にはいろんなカメラマンのいろんな写真が載ってるんです。そして、作品集を手にして頂いた方が、その中に気になったカメラマンがいたらコンタクト取れるようにしておきます。そうすることで、そこからまたドキドキ&ワクワクのバトンをつなげていけると思うんです



 私はいろんな方とこの「ドキドキ&ワクワク」を共有したいので、もしこちらの記事を読んで「おっ、面白そう♪」と思ったら私に連絡を頂けたらうれしいです。


 趣味としてロックバランシング始め、続けることで多くの人に驚きと感動を与えるアーティストとなった池西さん。現在の活動を楽しみつつ、まだまだ広がる夢に進む姿は、まさにドキドキとワクワクを見てる人に与えてくれる存在となっています。これからのご活躍もとても楽しみです!

画像提供:池西大輔(@IsmDaisuke)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  5. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  6. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  8. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  9. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  10. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」