ニュース
» 2019年03月17日 09時00分 公開

バイト先に苦手なギャル系の客が来た――意外な注文内容がかわいい漫画にギャップ萌えする人続出

人を見た目で判断しちゃいけないよね。

[林美由紀,ねとらぼ]

 ケーキ屋さんでアルバイト中に苦手なタイプのギャルがやってきたものの、意外なかわいらしさにギャップ萌えしてしまう漫画が人気を集めています。作者のYukin.(@mushimushi_baan)さんが、友人の実話をもとに描いたお話です。


ケーキショップとギャル03 ギャップにやられる〜

 Yukin.さんの友人がケーキ屋さんでバイトしていると、ギャルなお客さんが店にやって来てホールケーキを注文します。この手のタイプが苦手な友人ですが、営業スマイルで対応。ケーキのプレートに書きたいことを聞いたところ、ギャルが書くものを借りたいというのでメモとペンを渡します。


ケーキショップとギャル01 苦手なタイプのギャルがホールケーキを注文

 メモにはちまっとした字で書かれた「大好きなママへ」。しかも、ギャルは耳まで真っ赤にして恥ずかしそうに「マ、ママってカタカナの方がかわいいですよね……?」と尋ねてきます。そのギャップに萌えた友人はクッキーをおまけしたといいます。ギャル、めちゃくちゃかわいい! 人は見かけで判断しちゃダメだなぁ〜。


ケーキショップとギャル02 ギャップ萌えーーー!

 ギャルがケーキのプレートに入れようとした言葉もかわいくて萌えますが、その言葉をわざわざメモに書いたのは口に出すのが恥ずかしかったからかな? なんて思うと、さらに萌えポイントが広がっていきます。何にしてもギャップ萌え最高〜!

 漫画を読んだ読者からは「ギャップ萌えいいね!」「あまりの尊さに昇天しかけた」「こんなんおまけしたくなるに決まってる」など、派手なギャルの中に存在する「かわいらしさ」のギャップに身もだえる人が続出しています。

 作者のYukin.(@mushimushi_baan)さんは、Twitterでかわいい女の子のイラストや漫画などを公開しています。

画像提供:Yukin.(@mushimushi_baan)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響