ニュース
» 2019年03月17日 20時00分 公開

骨折して動けない…… 痛々しい姿で放置された犬を救助 新しい家族のもとへ

元気になって本当に良かった!

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が骨折し、道路脇に放置された犬を救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開しています。



 ある日、同団体に「ひどいケガをしている犬が24時間放置されている」という緊急の救助依頼が。職員たちが現場にかけつけると、道路脇に小さな白い犬が横たわっています。近づいてみると顔や足は砂で汚れ、疲れきっているのか逃げるそぶりもありません。


犬 薄汚れ、横たわる姿が痛々しい

 職員が手を差し伸べ、頭をなでてもおとなしく、助けに来てくれたことを分かっているようにも見えますが、スタッフはあることに気付きます。それは、“動かない”のではなく、骨折をしていて“動けない”のではないかと。

 体に負担をかけないように、柔らかい布で犬を包み、車で医療施設へと運びます。「Lady」と名付けられた犬はレントゲンの結果、やはり骨盤を骨折していたことが判明。医療スタッフにチェックされている間もおとなしかったのは、ケガの痛みで弱り切っていたからなのでしょう……。


犬 ケガの具合をチェック

 汚れた体を洗ってあげたくても、痛みを伴うためできません。点滴を受け横たわる姿は痛々しく、どうして24時間もの間、誰もLadyを助けようとしなかったのかと、とても悲しい気持ちになります。

 Ladyはその後も引受先で治療を受け続け、きれいに手入れされた姿で職員たちを驚かせました。真っ白に洗われ短くカットされた毛にかわいいリボンを付け、すっかり元気になり走るLady。あの弱々しく横たわっていた犬と同じ犬とは思えません!


犬 見違えるように!

 そして数週間後、動物保護施設「L.A Animal Rescue」がLadyに新しいお家を見つけてくれました! 骨折していたなんて信じられないような速さで走って飛んで遊ぶLady。飼い主さんに甘える姿に思わずうれし涙があふれます……。良い家族に引き取られて幸せそうです!

 苦しい思いをした分、Ladyにはこれからもずっと幸せに暮らしていってほしいと、心から願わずにはいられません。


犬 心を許せる飼い主さんがみつかって良かったね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.