ニュース
» 2019年03月17日 08時00分 公開

ゆうパックの配送をLINEで通知 「置き配」可能な新サービスも

通知にあるリンクから、受け取り日時や場所を変更することもできます。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 日本郵便は3月18日に、コミュニケーションアプリ「LINE」の通知メッセージでゆうパックの配達予定時間を知らせるサービスを開始します。ゆうパックの受取場所などを変更できる「e受取アシスト」もスタートします。

e受取サービス e受取サービス

LINEで配達予定を通知

 ゆうパックの宛名ラベルに記載された「お届け先電話番号」とLINEに登録されている電話番号が一致した場合、日本郵便から荷受人にLINE通知メッセージが送られるようになります。さらに、通知メッセージを受け取った荷受人は、Web上で配達日時や受取場所を変更できます。

e受取アシストの利用イメージ e受取アシストの利用イメージ

e受取アシストの内容

 「e受取アシスト」は、LINEまたは電子メールで配達予定日時や不在通知を知らせる「eお届け通知」と、通知にあるリンクから配達日時や配達場所と受取方法を変更できる「e受取チョイス」という、2つのサービスを合わせたものです。

自宅に関しても場所を指定できます 自宅に関しても様々な場所を指定できます

 またこのサービスでは、荷物を玄関先に置いておいてもらう、いわゆる「置き配」が指定できるようなります。指定可能な場所は郵便局や宛名にある自宅や勤務先ですが、さらに事前手続きをすれば電子メールにも「eお届け通知」が配信され、そのリンクからはコンビニ、はこぽす、その他住所も指定できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.