コラム
» 2019年03月19日 11時00分 公開

【マンガ】“試験問題に小説などを使う”のは、著作権的にどこまでセーフなの?

作者に怒られることはない?

[ねとらぼ]

 国語や英語の入試試験でおなじみとなっている、小説や論説文の長文読解。著作権が切れていない文章が使用されることもありますが、トラブルになることはないのでしょうか。

解説

 著作物を問題作成などに利用するときのルールについて書かれているのは、著作権法第36条。「入学試験」「学識技能に関する試験」などでは、公表された著作物を複製してよいとされています。

 ただし、「テストに使うなら、好き勝手に使ってよい」というわけではなく、日本著作権教育研究会によれば、以下のようなトラブルが考えられるとのこと。

  • 推理小説の結末が分かる部分を引用する:いわゆる“ネタバレ”になってしまうため
  • テストで使うには長過ぎる文章を、書き換えて短くする:「論旨が変わる」「作風が無視される」などの理由からクレームを受ける可能性
  • 難しい単語を、簡単な単語に差し替え:これが「英語の著作物で最も多い」クレームだとか

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」