ニュース
» 2019年03月19日 20時00分 公開

血便が出てるのに病院に行かなかったら…… 漫画家の闘病体験つづった漫画に反響(1/2 ページ)

コミカルな描写で描く闘病記。

[ねとらぼ]

 血便が出てるのに病院に行かなかったら大変なことになった――漫画家の島袋全優(@shimazenyu)さんが自身の闘病経験を描いた漫画『腸よ鼻よ』が「続きが気になる」と注目を集めています。

入院してもよくならないと思ったら……?

 物語は「あたし 大腸がないの」とバーで島袋さんが衝撃の事実を語り、過去を回想するところから始まります。当時19歳の学生だった漫画家志望の島袋さん。3週間近く調子が悪く、血便が出る状態が続きますが、バイトや原稿が忙しく、病院へは行かずにいました。食べると吐き、トイレに行っても血しか出ない段階にまで悪化し、病院へ行くことに。

「毎回便器が血まみれ」は全然大丈夫じゃない

 病院で下った診断は「腸炎」でしたが、もらった薬も全然効かず、担当医も「不思議だと思わない?」と頼りない発言。入院しても良くなるどころかひどくなってしまいます。そこでようやく内視鏡検査の話をし出す担当医。「逆に何で今までやらなかったんだ!!」とツッコミつつ検査を受けると、国の指定難病である「潰瘍性大腸炎」との結果が……。

全く頼りにならない担当医。2話では「軽症のうちに病名が……分かれば良かったよね……」。ずっと腸炎だと診断してたのお前や!
担当医、なぜかラガーシャツ。キャラが立ちまくっている

 島袋さんがTwitterに投稿した1話には、自身や身内が同じ病気になったという人からの共感のリプライも寄せられています。コミカルな描写のため「重い話なのに笑った」「笑いながら泣いた」という声も。

 続きは漫画配信サービス「GANMA!」(iOS版Android版)で無料公開されており、現在も連載中。専門医のいない病院からの転院、入退院を繰り返す闘病生活、出張編集部をきっかけに漫画家としてデビューする過程などが、キレのあるギャグを交えて描かれています。シビアな状況ながらもテンポのよいギャグで悲壮感なく読み進められます。

 が、気になるのがところどころ挟まっている「作者取材(緊急入院)のため休載」というお知らせ……。続きは楽しみですが無理のない範囲でお願いします……。

連載ページに挟まる休載。お体お大事に……

『腸よ鼻よ』1話

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる