ニュース
» 2019年03月19日 15時25分 公開

「プレミアムロールケーキ」超え? ローソン太鼓判の新食感スイーツ「バスチー」「ザクシュー」

コンビニスイーツでもあなどれないお味。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 ローソンは3月26日、新食感のスイーツ「バスチー バスク風チーズケーキ」「ザクシュー ザクザクチョコシュー」を発売します。ローソンが「テスト販売で『プレミアムロールケーキ』の実績を超えた」と自信を持って送り出すスイーツを、一足先に試食会で味わってきました。

ローソン新スイーツ バスチー&ザクシューが新登場

 ローソンは2009年にオリジナルスイーツブランド「Uchi Cafe SWEETS」を立ち上げ。同年9月に発売した「プレミアムロールケーキ」は大ヒットし、累計3億6000万個を売り上げる人気となりました。デザート強化は女性客を増やし、2009年時点でデザートの売り上げが女性比率38%だったところ、直近の数字では59%と大きく伸ばしています。2017年6月からはGODIVAと共同開発したシリーズを展開し、20種類で累計2000万個を売り上げています。

 デザートに力を入れるローソンが次に乗り出したのが“新しいタイプのスイーツ”でした。新商品を生み出すため、フランスやスペインで30店舗超を視察。そこで得たアイデアをもとに生み出したのが「バスチー」「ザクシュー」です。

 バスチーは、ヨーロッパのバスク地方で広く食べられているチーズケーキを参考にして生まれたスイーツ。北海道産生クリーム、クリームチーズ、牛乳を原料に使用しています。焼き工程の温度を変えることで、中側はなめらか、表面は焦がしカラメルの香ばしさが楽しめます。価格は215円(税込、以下同)。

ローソン新スイーツ

 群馬県で実施したテスト販売では、実験前週と比較してデザート全体の販売数が約1.5倍に。1店舗当たりの平均販売個数は「プレミアムロールケーキの初週の販売実績を上回った。これだけの数字が出るのはなかなかないこと」(担当者)と、ローソンも驚く好成績でした。

 試食してみた感想は「これが200円ちょいで食べられるとは……!」。しっとりしたチーズケーキの食感と、けっこうしっかりしたカラメルの香りが合っています。大きくはないですが、濃厚なので1つでも満足感があります。

ローソン新スイーツ
ローソン新スイーツ

 ザクシューは、シュー生地とクリーム両方でザクザク感が味わえるシュークリーム。ザラメ入りのクッキーパイシュー生地の表面をチョコレートでコーティングし、シュガーコーティングしたアーモンドダイスをオン。さらに中にはカカオニブとクッキーを加えたチョコクリームです。価格は195円。

ローソン新スイーツ ザクシュー

 「クリームと合わせるとしっとりしてしまうので、ザクザク感を出すのに苦労した」(担当者)というこだわりのザクザク感は、確かになかなかない食感。表面チョココーティングのコンビニシュークリームは各社発売していますが、中のクリームはもちろん、アーモンドダイスのゴロザク感もリッチな味わいです。

ローソン新スイーツ
ローソン新スイーツ

 初週の目標売上個数は、バスチー200万食、ザクシュー100万食。10〜20代の若年層の取り入れも意識し、スイーツ全体の年間売上の2割アップを目指すとしています。今後は、シリーズという形式ではないものの、ヨーロッパなどの新スイーツの要素を取り入れたものを展開していく予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」