ニュース
» 2019年03月19日 17時02分 公開

なにその逆輸入! 『幼稚園』付録「びょんびょんらーめん」、幸楽苑が本当に食べられるメニューに

幸楽苑のラーメンをモデルに作られた模型をモデルにして作られたラーメン。さすがにびょんびょんはしません。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小学館の雑誌『幼稚園』が幸楽苑とのコラボで製作した付録「びょんびょんらーめん」(関連記事)を、幸楽苑が本当に食べられるラーメンとして発売しました。この別次元から逆輸入したようなメニューは、「かつお・煮干だしの和風らーめん」(529円)として、全国の幸楽苑で3月31日まで提供されます。


びょんびょんらーめん 再現されているのは「びょんびょん」する仕掛けでなく、具材を盛り付けるゲームのほうです

 びょんびょんらーめんは『幼稚園』4月号(2019年2月28日発売/1080円)の付録。鉢の上に麺を持ち上げたハシが宙に浮いた、古めのラーメン店で見かけるようなオブジェの紙工作です。ハシと麺がゼンマイ仕掛けで揺れ動く仕掛けもあってネットで話題を呼び、書店で売り切れが出るほどの人気を集めていました。


幼稚園 『幼稚園』4月号

 この工作では、麺が揺れている間に紙製の具を並べるゲームもプレイ可能。この楽しみを本物のラーメンで体験できるよう、同メニューは具材が別皿で提供されます。

 幸楽苑は、『幼稚園』4月号が抽選で20人に当たる公式Twitter連動キャンペーンも実施。付録きっかけでラーメンを食べるのも、実食きっかけで付録を楽しむのもアリです。

※価格は全て税込



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.