ニュース
» 2019年03月20日 16時20分 公開

「BitTorrent」用いた漫画の違法アップローダーが摘発 被害受けた講談社と集英社が声明

これまでほとんど立件されていなかった、BitTorrentによる著作権侵害が摘発。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を用いて漫画を違法にアップロードしていた30代男性が、2月に長崎県警生活環境課サイバー犯罪対策室と長崎署により摘発されたことを発表しました


ACCS ACCSの発表

 男性は2018年4月に、講談社刊『鬼灯の冷徹』26巻(電子版)と、集英社刊『僕のヒーローアカデミア』18巻のデータをBitTorrent経由でアップロードし、不特定多数のユーザーへ送信できる状態にしていました。これを長崎県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡。男性は著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで長崎地検に送致されました。

 被害を受けた講談社集英社も公式声明を発し、経緯を説明。両社とも、これまでほとんど立件されていなかった、BitTorrentによる著作権侵害が摘発されたことを評価しています。そしてあらためて、「著作権侵害行為に対し断固たる姿勢で臨む」と宣言しました。


講談社 講談社の声明

集英社 集英社の声明

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.