ニュース
» 2019年03月21日 08時00分 公開

新技術で鮮やかな緑色を維持 「サントリー天然水」ブランドから初の緑茶が発売

気分をリフレッシュしたいときにチョイスしてみたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 サントリーの「サントリー天然水」ブランドから、初となる緑茶「サントリー天然水 GREEN TEA」(600ミリリットル/希望小売価格税別160円)が4月16日に発売されます。同社の“透明なレモンティー”や“透明なミルクティー”(関連記事)と違って今回は普通にお茶の色をしていますが、その緑色にもこだわりがあるようです。


サントリー天然水 緑茶 GREEN TEA サントリー天然水 GREEN TEA

 この商品は、すっきりとした味わいを好む「非・急須茶世代(急須茶になじみが薄い世代)」に向け、低温抽出製法などを活用し、カテキン溶出量を抑制した苦渋味の少ない軽やかな味わいに仕上げています。また、“ストレスフリーで気持ちいい”と感じてもらうべく、「酵母エキス」を使った新技術を採用して鮮やかな緑色を維持し、緑茶に含まれる香気成分「リナロール」によって爽快な香りを実現したとのこと。

 ちなみに近年は健康志向の高まりなどを背景に、緑茶市場は伸長しており、2018年は過去最高の市場規模に(※飲料総研調べ)。サントリーは「サントリー天然水」ブランドの持つ「清々しくて気持ちいい」というイメージを生かした今回の“新時代にふさわしい緑茶”で、緑茶市場のさらなる活性化を目指すとしています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.