ニュース
» 2019年03月23日 09時00分 公開

地味な自分に自信を持てない女の子が出会ったのは…… 創作漫画「カラスと宝石」にうるっと来る (1/2)

彼女の宝石のような美しさに恋をしたのは……。

[ねとらぼ]

 容姿にコンプレックスを持つ女の子が、真の魅力を見出してくれる相手と出会う――創作漫画「カラスと宝石」が「感動した」と人気を集めています。

地味な外見を気にする女の子のお話

 美しい帽子を作る女の子、ララス。黒髪に黒い服の彼女を、街の子どもは「カラス」と呼んでおり、彼女も自分の地味な容姿にコンプレックスを感じています。ある日彼女はネズミ捕りにかかってしまったカラスを助けます。

 その後彼女が働く帽子屋さんに、美しい青年が帽子を注文しに訪れます。工房の石やボタンがキラキラして宝石のようだと興味を示す彼を見て、輝くものを集めるカラスの習性の話をするララス。カラスは真っ黒で地味だから、きれいなものに憧れている――自分がきれいな帽子を作りたいのは自分がきれいではないからだと話すララスですが、青年は自分を卑下する彼女の言葉を否定します。「君の目、キラキラした宝石みたいできれいだよ」と。

 徹夜して完成させた帽子ですが、開けていた窓からカラスに持ち去られてしまいます。カラスの巣に持ち込まれた帽子を取り返そうとするララス。カラスは彼女に襲いかかってきますが、そこへ現れたのが先日助けたカラスでした。帽子を取り戻したカラスはあの青年へと姿を変え、帽子を彼女に贈ります。助けてもらったあのとき、彼女の輝く瞳にカラスは恋していたのです。

 作者はファンタジー系の創作漫画をpixivやTwitterに投稿している上野キミコ(@uenokimico)さん。「カラスと宝石」は雑誌の新人賞に応募して掲載には至らず、後にコミティアで頒布した作品とのこと。漫画を読んだ人からは「泣きました」「ステキな作品」「私の中で新人賞金賞」といった声が寄せられています。

「カラスと宝石」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐