ニュース
» 2019年03月24日 20時00分 公開

好きにならないで、巨大怪獣になっちゃうから! 恋の障壁が破格すぎるラブコメ『乙女怪獣キャラメリゼ』

漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」。第97回は好きになり過ぎると巨大怪獣化してしまう少女漫画『乙女怪獣キャラメリゼ』を紹介。

[虚構新聞・社主UKねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 おすすめの漫画を紹介する本連載、第97回となる今回は『月刊コミックアライブ』にて連載中、蒼木スピカ先生のラブコメ『乙女怪獣キャラメリゼ』(〜2巻、以下続刊/KADOKAWA)をご紹介します。

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー  乙女怪獣キャラメリゼ』コミックス1巻

 少女漫画、中でもとりわけ恋愛漫画というのは、身もふたもなく言ってしまえば、その大半は「何かいろいろあったけど、最後はヒーローとヒロインが結ばれて終わる」。そんなジャンルの作品です。しかし、そんな予定調和なハッピーエンドが待っていることが分かっているにもかかわらずなお人気があるのは、2人が結ばれるその「何かいろいろ」の部分にこそ楽しさや緊張があるからです。

 例えば、格差の問題。将来結ばれるはずの2人にはそんな障害が立ちはだかります。教師と生徒、お金持ちと一般人、名家と庶民など挙げればきりがありません。しかしその困難を前にしてなお強く結びつく愛情に、我々は心動かされるのでしょう。

 さて、本作『乙女怪獣キャラメリゼ』の場合、恋する2人を待ち受ける障害は、そのタイトルに暗に示されているように「巨大怪獣」です。とはいえ、怪獣が2人の恋路を邪魔するわけではありません。主人公の少女自身が、体長100mの巨大怪獣へと姿を変えてしまう奇病に侵された体質の持ち主なのです。格差恋愛ならぬ、体格差恋愛とでも呼ぶべき何ともユニークな作品。もう少し詳しく見てみましょう。

好きになり過ぎると巨大怪獣化してしまう少女

 都内の高校に通う女子高生・赤石黒絵は、無口で引っ込み思案。その性格のため、クラスメートから「メンヘラたん」とからかわれる彼女には大きな秘密がありました。それは感情が高ぶると、腕がうろこに覆われて肥大化したり、背中に大きなひれのような骨が盛り上がったりする謎の奇病に侵されているということ。幼い頃、好きだった男の子に告白したときにも、気持ちが高揚して発症。腕が不気味に変化してしまい、「お化け!」と逃げられた悲しい記憶を抱えています。

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー  クラスでつい興奮して、右手だけ怪獣化してしまった黒絵

 「こんな世界で私が受け入れられるわけない」

 今の根暗な性格もこの奇病によるトラウマの影響が大きいのでしょう。休み時間も非常階段でひとり絵を描いて過ごすなど、人とのかかわりを極力避けようとする黒絵。しかしある日、彼女はたまたま非常階段にやってきたクラスのイケメン男子・南新汰の、イケメンゆえの悩み相談に乗ることに。クラスの底辺にいる彼女にも分け隔てなく笑顔で接し、物理的にも精神的にも遠慮なく距離を縮めてくるスクールカースト最上位の新汰。その優しさに落ち着かない黒絵は、まもなくその場を逃げ出します。

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー  壁を破ってくるイケメン男子――やばい、怪獣化しちゃう!!

 しかし、黒絵の助言に感銘を受けた新汰は翌日も非常階段に待ち構えていました。しかも、黒絵は好物のパンケーキにつられて、新汰と二人きりで表参道のおしゃれなお店に行くことに――。まるで恋人同士のような時間を過ごしたその帰り道、黒絵は新汰に手を握りしめられます。

 これまでの人生で一度も経験したことがない不意の手つなぎに、高ぶる気持ち(※あかんやつ)、高鳴る鼓動(※あかんやつ)、熱くなる身体(※あかんやつ)。これまでにないほどの感情の高ぶりに耐えられなくなった黒絵は新汰の手を振りほどき、そのまま駆け出します。そして――

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー 

 「――テレビをご覧の皆さま 信じられないことが現実に起こっています」「これは特撮でもCGでもありません!」

 「ここ東京に巨大生物が出現しました――!!

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー 

 突如現れた全長100mの巨大怪獣と、それを取り囲む自衛隊の戦闘ヘリ。これまで体の一部しか変化しなかった黒絵が、ついに全身を巨大怪獣へと変貌を遂げます。黒絵を見失ったとほぼ同時に目の前に現れた巨大怪獣を見上げる新汰。変身によってそれまで抑え込んでいたさまざまな感情が解き放たれた黒絵は、口に熱線を蓄え、まさに暴走する寸前。

 しかしその時、彼女は新汰の視線を感じて我に返ります。ビルのガラスに映り込んだ自分の姿に恥ずかしくなった黒絵は、そのまま隅田川に潜行。しばらくして、川縁には、びしょ濡れの朦朧とした状態で人の姿を取り戻した黒絵がありました。

 翌朝、怪獣化していた記憶が全くない状態で目覚めた黒絵。晴海に出現したことから「ハルゴン」と名付けられた謎の怪獣で世間の関心は持ち切りです。そしてモニターに映し出された異形の怪獣ハルゴンは彼女のもう1つの姿に他なりません。そう、これはまぎれもない現実なのです。

「格差を恐れる」という恋の障壁を、巨大怪獣で

 悲しい過去を繰り返したくない。だから自分の秘密は知られたくない。けれど、恋に落ちれば落ちるほど、自分の姿は異形のものへと変わりやすくなってしまう。事によっては、街を破壊してしまう脅威にさえなってしまう――。彼女のそんな心配とは裏腹に、皮肉にもパンケーキの一件以降、新汰との距離は縮まる一方です。

 そんな相反する2つの気持ちを整理しようとしても、今やちょっとしたやきもちだけで、体が変化してしまう黒絵。物語はその後、自作のモ●ラ寝袋を着込んでハルゴン出現を待ち構える怪獣マニアの残念美少女・真夏や、黒絵の秘密を知る生物学者・響野らを巻き込んで展開していきます。

 なお、先日発売された第2巻では、黒絵と新汰が東京デスティニーランドでデートをすることに。遊園地デートなんて、普通の少女漫画なら何ともベタですが、本作に限っては、デートの舞台が「あのお城」に象徴される夢の国だなんて、なんて壊しがいのあるシチュ(以下略)。みんなの夢は守られるのか、ぜひ実際に読んでみてください。

乙女怪獣キャラメリゼ 蒼木スピカ レビュー 

 冗談はさておき閑話休題。冒頭でも書いたように、恋愛作品の醍醐味は2人の間に困難な障害が横たわればこそ。しかしその一方で、その最大の困難というのは、実は身分だとか職業だとか外面的な部分よりむしろ、その格差を恐れる本人の心の葛藤であるようにも思うのです。

 言い換えるとそれは「好きなら何でも乗り越えられる!」という決断ができるかどうかということでもあります。作者の蒼木先生は「めっちゃ変な少女漫画できた」と、あとがきで書いておられますが、なかなかどうして、少女漫画の核心を衝いた作品なんじゃないでしょうか。

 本作の場合、「好きになり過ぎると巨大怪獣化」という、正直ちょっとどうかしている設定によって、乗り越える難度が少しばかり高すぎる気がしないでもないですが、黒絵と新汰がどのようにしてこの困難を乗り越えていくのか。現状では解決の糸口がまだ見えていないこともあって、次巻以降の展開が楽しみです。

 今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

(C)蒼木スピカ /KADOKAWA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  2. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  3. /nl/articles/2312/02/news075.jpg 黒木啓司の妻・宮崎麗果、1年空けずにフェラーリを追加購入 愛車は高級外車ぞろい「何台目!?」「カッコいいの一言」
  4. /nl/articles/2312/07/news009.jpg 「入居者が全くいない」ボロボロの築古アパートをリノベしたら……? 驚愕の“激変ぶり”に「すてきです!」
  5. /nl/articles/2312/03/news018.jpg 黒猫に見えるニャンコ、“かわいすぎる秘密”をかくし持っていた……! まさかの事実に「じゃないんだ」「白い……!」
  6. /nl/articles/2312/03/news015.jpg ハムスターが「寒い寒い!」とスライディングお布団→「スヤァ」 人間味あふれる“ぬくぬく姿”が「可愛すぎ注意」と話題
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2312/03/news012.jpg 猫たちがストーブの特等席を陣取るが、大事な事に気付き…… 「おかあさーん!!」とシンクロで訴える姿に冬の訪れを感じる
  9. /nl/articles/2312/02/news003.jpg ちいかわデザインのおくすり手帳を開いたら……? “まさかの中身”に衝撃走る「絶対に笑ってはいけない」
  10. /nl/articles/2311/30/news197.jpg 一世風靡の52歳元アイドル、がん受診の遅れ巡って後悔しきり 同じ病で亡くした母思い「怖さわかってるはずなのに」「自業自得なんです」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」