ニュース
» 2019年03月24日 13時50分 公開

「なぜブローチにしようと思ったのか」 眼科で一度は見たことがある“気球”をオシャレアイテムにする人現る

街中で見かけたらピント調節機能が頑張っちゃいそう。

[Kikka,ねとらぼ]

 眼科で誰もが一度は見たことのある“アレ”をブローチにしてしまった人がTwitterで話題を呼んでいます。なぜこれをブローチにしようと思ったのか。

 8万“いいね”を獲得するほどの注目を集めているのは、スチームパンクなどのアイテムを製作しているezonegi(@ezonegigear)さんが作ったブローチ。草原の中を一本道が走っていて、その奥には赤い気球というデザインで……、ってこれ視力検査のときによく見るやつだ……!


視力検査 気球 眼科 眼科のときに見るアレだ!(画像提供:ezonegi(@ezonegigear)さん)

 手刺しゅうで作られている“例の気球”は洋服に着けると存在感抜群で、視界に入った瞬間から目が勝手にピントを合わせようと頑張ってしまいそうです。


視力検査 気球 眼科 なぜかほしくなってくる

 この作品には「モチーフのチョイスセンスが高すぎて嫉妬しちゃいます!」「これをなぜブローチにしようと思ったのか、その発想がスゴイし、形にしてしまう実行力がすごい!! 」といったコメントが届いている他、「オートレフケラトメーターですね!」と日ごろ、この気球が出る機械を使用している本職たちも反応。たくさんのリプライが寄せられています。


視力検査 気球 眼科 ピントを合わせたくなるやつ

視力検査 気球 眼科 これが「オートレフケラトメーター」(関連記事

 さらに驚くべき点はezonegiさん自身が「刺しゅうは今年から始めました」とコメントしている点。今後もすんばらしい作品が生まれそうな気配を感じますね。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ