ニュース
» 2019年03月25日 12時01分 公開

TDRの「ファストパス」、今夏よりスマホアプリで園内どこでも発行可能に 発券機へ行かずにOK

発券機へ寄ったり並んだりする時間を有効活動できる!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートで人気アトラクションに並ばずに入れる優先券「ファストパス」(FP)が、今夏より同園の公式スマホアプリでも発行できるようになります。従来のように紙の発券機に寄らずとも園内ならどこでも発券できる仕組みで、来園者がより多くの時間を有効活用できるメリットがあります。

現行のファストパス。アトラクション近くの発券機まで行って発行する必要があった(東京ディズニーリゾート公式サイトより

 オリエンタルランド広報部によると、2020中期計画にある戦略「“快適さ”の向上」の一環。公式アプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」の機能として実装されます。

 FPは、記載された時間帯に対象のアトラクションへ優先入場口から入れるチケット。現在は各アトラクションの近くに設置された発券機に、パークチケットに記載されたQRコードや公式アプリを起動したスマホをかざすことで、無料で発行できます。対象アトラクションは東京ディズニーランドに9カ所、東京ディズニーシーに9カ所。混雑具合によってはFP発券機に行列ができる状況も発生していました。

現在の公式アプリにもファストパス発行機能はあるが、発券機まで行く必要がある(東京ディズニーリゾート公式サイトより

 公式アプリにおける発券ルールは基本的に現行のものと変わらず、発券後は他のFPが一定時間取れなくなる仕組みも同じ。サービス開始後も、スマホを持たない来園者への対策として紙の発券機も併用しますが、詳しい運用は未定です。

 サービスの開始日については、東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」がオープンする7月23日までと一部で報じられていますが、現段階では「今夏より」としか決まっていない広報担当は説明しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.