ニュース
» 2019年03月25日 18時00分 公開

「猫を飼ったけど思っていたのと違った」 ワンコみたいな甘えん坊な猫ちゃんとの生活を描いた漫画に胸キュン

かまってちゃんなかわいこちゃん(うらやましい)。

[k村,ねとらぼ]

 「ネコは自由できまま、人間にはツンデレである」――。人々が持つ猫へのイメージはこんな感じかと思いますが、中にはとっても甘えん坊な猫ちゃんもいるようです。Twitterに投稿された一般的な猫のイメージとは少し違う性格の猫との数々の甘えん坊エピソードを描いた漫画に胸キュンしちゃいます!



 自由きままな猫ちゃんが好きで、猫をお迎えすることを決めた飼い主の星見SK(@Hoshimi1616)さん。しかし、星見SKさん宅にやってきた猫の「ノル」くんは期待をいい意味で裏切るような性格の持ち主なのでした。「飼い主さんだいすきぃ!」な心の声を前面に出してくるところは、まるでわんこみたい!


ALT 気ままだけど猫のイメージとちがったノルくん

 星見SKさんが起きているときは、お仕事中でもおかまいなく「一緒に遊ぼうよ」と「ミャーミャー」鳴いてずっと訴えてくるノルくん。それでも遊んでもらえないときは、あえて星見SKさんの足元におもちゃをたくさん置いていき、無言の“あそんで”プレッシャーを与えようとするんだそうです。ノルくん、なかなかのかまってちゃんですね。


ALT かまってちゃんエピソード、最高です

 もちろん遊ばずともいつも飼い主さんと一緒にいたいノルくん。家の中を星見SKさんが移動すると、一途に後ろを付いてくるんだそうです。ベッドの中でスマホチェックをする寝る前のリラックスタイムにも、星見SKさんの腕の中に“もふ”とジャストフィットし、すぐ側のスペースを確保しようとするノルくん。


ALT ノルくん、きみは猫……だよね?

 まだまだノルくんの“飼い主さん大好きエピソード”は終わりません。星見SKさんが外出して帰ってきた際にポストをのぞくと、星見SKさんの足音を聞きつけたのか、玄関にちょこんと座り、帰ってくるのを今か今かと待ち構えているノルくんの姿が。そして家に入ると猛烈な「さわって、なでて」アピールが始まり、頭を押し付けてくるんだそうです。

 また、星見SKさんが物をポーイと投げると、わんこのように走って取りに行くというノルくん。これにはさすがに星見SKさんも「あれ? 飼ってたのは犬だっけ」と思うこともあるんだとか。忙しいときは相手をするのがちょっと大変そうだけど、うらやましぃ!


ALT かわいい(うらやましい)

 猫と暮らす前まで持っていた“勝手気ままに振る舞う、ツンデレな猫ちゃん”のようなイメージはすっかり崩壊してしまったようですが、元気で甘えん坊なノルくんとの毎日は、「これはこれで毎日とても楽しい」とのこと。今日もノルくんとの楽しいコミュニケーションが捗ってしまう星見SKさんなのでした。

 凛々しくハンサムな猫のビジュアルで、わんこのような甘えん坊な心を持つノルくんのギャップ萌えを描いた漫画は、現在6万1000RTを突破。「うちの猫も、犬みたいに甘えん坊で人好きです!」「まさにイヌ属性のネコ科って感じ」「想像しただけでかわいくて、うらやましいです……!」など、“うちの子自慢”やうらやましがるコメントが集まっています。



 漫画家の星見SKさんは、『ツン甘な彼氏』単行本1巻、『鬼島さんと山田さん』単行本1巻がそれぞれ販売中です。



画像提供:@Hoshimi1616さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた