ニュース
» 2019年03月25日 18時30分 公開

葉っぱが燃えてる? いいえ、お香です 和紙でできたお香「HA KO」がステキ

「気に入った形の葉っぱを拾って玄関先に飾るよう、気軽に生活に香りを取り入れてほしい」。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 お線香とお香の老舗ブランド「薫寿堂」による、職人の手作業で和紙より一枚一枚作られた葉っぱの形をしたお香「HA KO」が、3月19日から「薫寿堂」オフィシャルオンラインショップで販売されている。



 「気に入った形の葉っぱを拾って持ち帰って玄関先に飾るくらいの気軽な気持ちで、生活に香りを取り入れてもらいたい」というブランドコンセプトにあるように、めずらしい葉っぱをモチーフとした繊細なデザインは、インテリアとしてはもちろん、本来の使い方であるお香としても、消臭・抗菌効果を発揮し、空間全体に香りが行き渡るよう設計されている。



 香りのラインアップは、古来より伝わるお香の原料を使用した「スパイシージャスミン」「アガーウッド(沈香)」「エレガント シトラス」「サンダルウッド(白檀)」「スモーキー シナモン」「ホワイトフローラル」「グリーングラス」「トゥルー アクア」の8種類。価格は380〜8500円(税別)で、個包装から入門編にもギフトにもぴったりなお皿付きのセットまで用意されているので、自分のライフスタイルや用途に合わせて選べる。









Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.