ニュース
» 2019年03月26日 10時57分 公開

「DLmarket」がサービス終了 不正アクセス対策のシステム改修を断念

購入商品の再ダウンロードは個別に対応。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ディー・エル・マーケットが3月25日、デジタルコンテンツの個人間売買プラットフォーム「DLmarket」のサービス終了を発表しました。外部からの不正アクセスによってクレジットカード情報の一部が流出した可能性があり、サービス再開のためのシステムの抜本的な作り直しを断念したためとしています。「DLmarket」は2018年11月12日からサービスの提供を停止していました。


DLmarket サービス終了 不正アクセス クレジットカード 流出 オールアバウト 画像はDLmarket公式サイトから


DLmarket サービス終了 不正アクセス クレジットカード 流出 オールアバウト 今後のスケジュール



 「DLmarket」は、デジタルコンテンツの個人間売買プラットフォーム。ソフトウェアや電子書籍、音楽といったコンテンツをインターネット上でダウンロード販売できるサービスでした。運営するディー・エル・マーケットは、オールアバウトの子会社です。

 この件で流出した可能性のある情報は、クレジットカード番号、名義、セキュリティコード(3もしくは4桁の確認番号、有効期限。流出の可能性があると判断されたクレジットカードは、7741件。情報流出の原因は、サーバが改ざんされ、商品購入時に本来遷移するはずのクレジット決済代行会社のページではなく「偽の決済フォーム」に誘導されるようになっていたため。

 過去に購入したデジタルコンテンツの再ダウンロードについては、問い合わせたユーザー個別に順次メールで案内をするとのこと。再ダウンロードの依頼の受付は2019年6月28日12時まで。

 ディー・エル・マーケットは、「ご利用いただいたお客様をはじめご関係者の皆様には、このような結果となり、多大なご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.