ニュース
» 2019年03月27日 22時30分 公開

「動物をモノのように扱って捨てる国に住んでるけどどない思てる〜?」 沖縄の海で“せやろがいおじさん”が叫ぶ動画がいろいろ考えさせられる

ユーチューバーのせやろがいおじさんが注目を集めています。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 お笑い芸人でユーチューバーの“せやろがいおじさん”が投稿した「動物愛護法の改正について」という動画が注目を集めています。

 せやろがいおじさんは沖縄のプロダクションに所属する芸人さん。沖縄の海を背景に、時事ネタや社会問題などに関するメッセージを発信しています。

 今回取り上げたのは「動物愛護法の改正について」(※)。「お〜い。日本中の皆さ〜ん。動物をモノのように扱って捨てる国に住んでるけど、どない思てる〜?」という問いかけから始まり、ペット産業の裏側や悪質な繁殖業者(ブリーダー)について切り込んでいきます。

動物愛護法の改正について 沖縄の海からメッセージを発信するせやろがいおじさん
動物愛護法の改正について コンビニの恵方巻きと同じことが
動物愛護法の改正について 命で行われていると訴えます

 動画は本題の「動物愛護法の改正」の現状へ。さまざまな団体や政治家が動いてはいるものの遅々として改正が進まないこと、大勢が声をあげて世論を作り出し行政を動かすしかないことを訴えます。

動物愛護法の改正について 今の状況について
動物愛護法の改正について 「動物愛護法の改正」は遅々として進まない状態

 せやろがいおじさんは動物の殺処分の具体的な方法をあげた後、とある関係者の人に「この状況を野放しにしているわれわれも共犯だ」といわれてショックを受けてこの動画を作った、みんなで声を上げて変えていこうと訴えます。ちなみに動物愛護法は約5年に1度見直して不備等があれば法改正される運用で、今回を逃すと次は5年後になります。

動物愛護法の改正について 5年
動物愛護法の改正について 違います

動物愛護法の改正について 声を上げることで
動物愛護法の改正について 世の中が動かせるかも
動物愛護法の改正について ロケ地は沖縄県うるま市にある浜比嘉島・シルミチューとのこと

 ここまでの動画は次々に畳みかけるような構成。テンポのいい語りでついつい引き込まれてしまいます。「心の調子が悪い人は時間をおいてから見て」とか「全てのブリーダーが悪質なわけではない」などのコメントを挟み込んでいるところにも感心しました。

 動画の後半は落ち着いたテンションの「海トーーク!」コーナー。ロックミュージシャンの世良公則さんや女優の浅田美代子さんと共に、衆議院第一会館で行われた集会に参加して勉強してきたことを語ります。

動物愛護法の改正について 後半は穏やかに語っています

 せやろがいおじさんが学んできた動物愛護法の改正案のポイントは次の3つ。

  • 8週齢規制(動物を出荷するのは生まれてから8週間たってからにする)
  • 各種数値規制の必要性(動物の種類や体のサイズに見合った飼育スペースを用意するための具体的な数値を示す)
  • 繁殖業(ブリーダー)を許可制にする

 改正が進まない理由の1つが利権ということで、「利権の全てが悪いわけではないけれど、動物の命を犠牲にしなければ保てない利権はあかん利権だと思う」と話しています。

 コメント欄には「応援します」「SNSで広めます」という書込みが。具体的な案として、動物愛護法改正の活動をしている団体「PEACE」や署名運動「change.org 動物愛護法を改正しましょう」、住んでいる都道府県の動物愛護団体を支援するなどの方法が紹介されています。

画像提供:ワラしがみ

せやろがいおじさんのプロフィール

オリジンコーポレーション所属

お笑いコンビ「リップサービス」のツッコミ担当・榎森耕助さん

出身地:奈良県天理市

主な学歴:沖縄国際大学

YouTubeチャンネル:ワラしがみ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた