ニュース
» 2019年03月28日 18時26分 公開

円谷プロが有料Webメディア創刊 作品をより楽しめる独自コンテンツを配信 幻のラジオドラマも

円谷プロのファンはもちろん、SFや映像史を学びたい人も楽しめそう。

[ねとらぼ]

 「ウルトラシリーズ」などの映像製作会社・円谷プロダクションが、有料デジタルメディア「TSUBURAYA・GALAXY」を4月12日に創刊します。動画やラジオ、記事などで円谷プロ作品の世界観をより深く楽しめる独自コンテンツをWeb配信するサービス。月額980円の毎月15日更新で、4月11日までに事前登録すると4月30日まで創刊号が無料で読めます。


 メディアのコンセプトは、半世紀以上前に円谷英二氏と若きスタッフたちが始めた、空想科学のストーリー、デザイン、技術を見つめ、その将来を考えること。映像コンテンツ「円谷テレビ」では、「ウルトラQ」をはじめ円谷プロ懐かしの作品や、有識者の解説、関係者へのインタビューなどを配信します。音声コンテンツ「円谷ラジオ」では、TBSラジオで放送した幻のラジオドラマ「ウルトラQ倶楽部」が復活する他、おすすめのウルトラソングを毎月数曲ずつ紹介。

円谷テレビ

円谷ラジオ

 記事コンテンツでは、人類学者である中沢新一氏による「日本人とウルトラマン」など特集を公開。また作品のメカニックや怪獣を詳細に分析する「円谷特撮メカ」「円谷怪獣のひみつ」、歴代書籍を紹介する「円谷の本棚から」など、コアファンが楽しめる連載企画も多数展開していきます。

中沢新一氏による「日本人とウルトラマン」

連載作品

 この他円谷プロが開催するイベントのチケット先行販売や、限定グッズの優先購入・事前予約など、会員限定サービスも予定。詳細は公式サイトで随時発表されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.