ニュース
» 2019年03月28日 21時31分 公開

コンビニ弁当の卵黄は「卵黄風」のソースだった 広報は「業務用なので一般の方は買えない」とコメント

卵の専門家。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 近頃、コンビニのお弁当やパスタに生の卵黄が乗っているのを見かけたことはないでしょうか? 親子丼やカルボナーラの上にちょこんと乗っている卵黄は、味良し、見た目良しのステキなアクセント。お箸を刺すとトロッと割れるのがたまりません。

 ……しかしよくよく考えてみると、レンジであたためてもトロトロのままなのはおかしいように思えます。普通はあたためたらゆで卵のように固まってしまうのでは……?





きみぷち 不思議なトロ〜り食感は、水あめやゼラチン、寒天などから作られているようです

 実はこちらの物体、ただの卵黄ではなくキユーピーが開発した「卵黄風ソース」だったのです。その名も「きみぷち」。名前からしておいしそう!

 キユーピーの広報にお話を伺ったところ、「メニューに卵黄をトッピングしたいけど、リスクや手間の問題で難しい」というニーズに応えるために約1カ月前に新発売された商品とのこと。業界からは「こういう商品が欲しかった!」という喜びの声も届いているのだとか。なお、業務用商品なので一般のルートでは購入できないそうです。残念……。


きみぷち これも見たことあるぞ!

きみぷち さすが卵の専門家

 ちなみにキユーピーでは、半熟風の「とろ〜りやわらかたまご」、温泉卵風の「ぷるぷるたまご(半熟風)」など、さまざまな加工卵を開発・販売しています。商品ページを眺めてみると新しい発見があるかもしれません。






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.