ニュース
» 2019年03月29日 18時25分 公開

「ワイスピ」最新作の副題「スーパーコンボ」が直球すぎて謎の大人気に 必殺技を連想する人や新元号に推す声も

スーパーコンボ!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 人気カーアクション映画シリーズ「ワイルド・スピード」最新作の邦題が、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」に決定しました。原題の「Hobbs & Shaw」が影も形もありませんが、直球でなんだかすがすがしいタイトルだ!


「ワイスピ」最新作のサブタイトル「スーパーコンボ」が直球すぎて謎の人気に 必殺技を連想する人や新元号に推す声も スーパーコンボ!

 この「スーパーコンボ」という副題にはなぜか人の心をハッピーにさせる言霊が宿っていたようで、Twitterでは「『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』という邦題を見て今日も一日がんばるぞ!と思った人は少なくないはず」「『ワイルド・スピード スーパーコンボ』と口に出して言ってみると大概のことがどうでもよくなる」と局所的に絶賛される事態に。



 他にも「スーパーコンボ」が格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの必殺技を思わせることから、「(主人公の)ホブスが真空波動拳でも出すんか? 」という反応や、「ストリートファイター」の話題かと思ったら「ワイスピ」の話だったというツイートも散見されました。



 さらに昨今過熱している新元号の予想を巡り、渋谷の女子高生へのアンケート調査で「タピオカ」がランクイン(アイ・エヌ・ジー調べ)し、ネットの話題をさらっていたことを受けてか、「スーパーコンボめっちゃ元気出るやん 新元号もスーパーコンボ元年とかでいい気がしてきた」「新元号もスーパーコンボにしたら、少しは景気良くなるんじゃないかな?」という声まで。



 どこまでもハレ気分にしてくれる語感に、ついには「スーパーコンボ効果なのかよく見たらポスターも日本版の方が晴れてる!!最高!!」と、海外版のポスターに比べ日本版ポスターの方が空が晴れっぽい点に着目する人も登場しました。言われてみれば確かに晴れてるぜ!



「ワイスピ」最新作のサブタイトル「スーパーコンボ」が直球すぎて謎の人気に 必殺技を連想する人や新元号に推す声も 8月2日公開!

 実は同シリーズでは伝統的に原題が日本向けに変更されてきました。そもそもシリーズ第1作の「ワイルド・スピード」からして、原題は「The Fast and the Furious」。5作目の「Fast Five(原題)」から「ワイルド・スピード MEGA MAX」と、日本の独自路線が先鋭化し始め、6作目「Fast & Furious 6(原題)」では「ワイルド・スピード EURO MISSION」、7作目「Fast & Furious 7(原題)」では「ワイルド・スピード SKY MISSION」、そして9作目「The Fate of the Furious(原題)」は「ワイルド・スピード ICE BREAK」と命名されていました。たぶん元号よりも予想困難。


「ワイスピ」最新作のサブタイトル「スーパーコンボ」が直球すぎて謎の人気に 必殺技を連想する人や新元号に推す声も 歴代の邦題

 8月2日に日米同時公開予定の「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」では、おなじみ大人気キャラクターである元FBI特別捜査官・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、元MI6エージェント・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が大暴れ。2020年と2021年にはシリーズ最終2作の公開も予定されており、完結に向けた3年連続コンボの第1弾としても公開が待ちきれません。

(C)Universal Pictures



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.