ニュース
» 2019年03月31日 09時30分 公開

不当に値下げを求められても「自分を安売りするな!」 ハンドメイド作家へ喝を入れる漫画に「その通り」と支持の声

「原価はたかがしれているから」と言われても、いろんな対価が詰まっているのです。

[林美由紀,ねとらぼ]

 たまにECサイトで見かける、ハンドメイド作家に作品を「材料費や原価はたかがしれているから安く売ってほしい」という要望――。こちらを断りきれず頭を悩ませる人へ「自分を安売りするな」と鼓舞する漫画が、Twitterで多くの共感を集めています。


自分を安売りするな05 お前はそんなに安い男じゃない!

 登場するのはアニキの「ツッパリス」と弟分の「シャテイヌ」の2匹。ある日公園で、弟分がトボトボ歩いてくるのをアニキが発見します。聞けば自作したぬいぐるみをSNSで売ってほしいと言われたものの、「材料費はたかが知れているから安くしろ」と要求されたとのこと。納得いかないけれど、自分の作品を求められるのはうれしくて断れないのだと話します。


自分を安売りするな01 弟分の特技に感心するアニキでしたが……


自分を安売りするな02

 するとアニキは言います。「その作品は今まで培ってきた知識と技術とそこに至る時間もかかってるんだぞ!!!」。そこには材料費だけでけではなく“作者の価値”が含まれている。だから対立してでもその価値を守るべきであり、「自分を安売りするな!!!! オマエはそんな安い男じゃねぇだろが!!!!」とまるで自分のことのように憤ります。

 「オレの仲間を安く見積やがったのはどこのどいつだ! 話をつけてやる!」と息巻くアニキ。正しいことを堂々と言い、仲間を助けるアニキはカッコイイ!


自分を安売りするな03 作品の価格には材料費以外に知識、技術、時間、作者の価値が含まれている


自分を安売りするな04 自分を安売りするな!!!!

 「材料費だけで作って」「500円でいい?」など、ハンドメイド作品をはじめとした製作物に対して不当な要求をしてくる人もいるものですが、アニキの言う通り、作品にはそれを作る時間、技術、知識、準備……場合によっては修正などいろんな手間がかかっているものですよね。何かを購入するとき、しっかりとそういった価値を判断できる消費者になりたいと思わせてくれる漫画です。そして、それをきちんと言ってくれるアニキがステキです!

 漫画を読んだ読者からは「見えない部分にこそ対価を払うべき」「製作者は、物でしかなかったものを形にして価値を生み出します。なんら変わらぬ職人の技です」と、アニキの主張にうなずく声やしびれる人が続出しています。

 作者のコハラモトシ(@kohara_motoshi)さんは、今回の「ツッパリス」と「シャテイヌ」が登場する漫画『アニワル』をpixivで定期更新中、LINEスタンプも販売しています。まんがライフ「ストーリアダッシュ」でも『死神見習!オツカレちゃん』を連載中です。

画像提供:コハラモトシ(@kohara_motoshi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.