ニュース
» 2019年03月31日 11時30分 公開

エイシス、同人誌取り置きサービス「トリオキニ」を4月から運営 サービス内容は従来通りの予定

もともとは2016年に公開された個人開発のWebサービスでした。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ゲオグループで「DLsite.com」などを運営するエイシスは3月31日、同人誌などのアイテム取り置きサービス「トリオキニ」を事業譲受。4月1日から運営開始することを発表しました。


エイシス 同人誌 取り置きサービス トリオキニ 事業 譲受

 トリオキニは、コミックマーケットをはじめとする同人即売会やイベントで販売されるアイテムについて、事前に取り置きの受付・依頼を行える2016年開始の無料Webサービス。販売側は取り置き希望者をリスト化でき、購入側は欲しいアイテムを確実に手に入れられるとして、特に遠方からのイベント来場者からの支持を集め、2019年2月末時点で登録ユーザー数は15万を超えています。

 もともとは個人開発・運営の同サービスですが、この度の事業譲受にともない、トリオキニ運営者がエイシスに入社。継続して運営に携わり、サービスの内容については大きく追加、削除する機能はなく、ひとまず従来通りの運用を予定しているとのこと。また今後は2次元コンテンツを取り扱うエイシスの既存サービスとの連携も検討するなど、同社サービス全体での利便性向上も目指すとしています。


エイシス 同人誌 取り置きサービス トリオキニ 事業 譲受

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.