ニュース
» 2019年03月31日 08時00分 公開

Facebook、ライブ配信できるユーザーの制限を検討 銃撃事件を受けて

ニュージーランドで起きた銃撃テロ事件の容疑者が犯行の様子を配信していたことを受けて。

[ねとらぼ]

 Facebookは、ライブ配信できるユーザーを制限することを検討していると、同社COOのシェリル・サンドバーグ氏が明らかにしました

Facebook サンドバーグ氏の発表

 先日ニュージーランドで起きた銃撃テロ事件の容疑者が、Facebookで犯行の様子を配信していたことを受けてのこと。事件発生時、同社はすぐに容疑者のFacebookとInstagramのアカウント、問題の動画を削除し、またAIを使って関連動画の再投稿を防止していますが、さらなる対策を求める声に応えて対策を強化する方針。

 その一環として、同社はコミュニティ規定への過去の違反などに基づいて、ライブ配信できるユーザーを制限することを模索しているとのこと。あわせて、暴力的な動画や画像の編集されたバージョンを特定して再投稿を防ぐ技術の改良にも投資していると述べています。

 また、ヘイトコンテンツへの対策も強化し、ヘイトグループを禁止し、これら団体を支持、称賛するコンテンツも見つけ次第削除するとしています。さらに事件を受けての施策として、ニュージーランドのメンタルヘルス関連団体を支援することも明らかにしています。

 Facebookは先に、事件の動画150万件を事件発生から24時間以内に削除したことを明らかにしていました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.